発表会の曲(第五回)

(第5回 カンタロープ・アイランド)
 ピアニストにして編曲者、イベントプロデューサー(東京JAZZなど)であるハービー・ハンコックの名曲である。曲の意味はカンタロープ、即ち南国産のスイカみたいなフルーツを抱えた娘さんのリズミカルな歩みを表している(娘さん以降はJASONの創造です)。
 元々はブルーノートにカルテットで録音したものがつとに有名であるが、ハービー自身はこの曲をブルーノート東京なんかのライブではトリオでも良く演奏している。FMで放送された1995年のマウント・フジ・ジャズ・フェスティバルではベースにデイブ・ホランド、ドラムスがアル・フォスターという強力な布陣で演奏したのだが、これが凄かった。延々10分近いギグながらアドリブの変幻自在な展開、バック陣の力強いビート感など、屈指の名演であったが何故か今もってCD化はされていない。同時に映像でも放映されたのだがこれは3分に編集してあったのだ。
 前置きが長くなったがこれが採り上げた理由である。出だしの独特のリズム感は両手を旨く組み合わせないとビート感が出ないのでかなり苦労したものである。当時は帰宅時に一日3本しかないバスに揺られつつヘッドフォンステレオで毎日聴いていたものである。発表会では最後のグリッサンドが決まってまあまあの出来であった。
スポンサーサイト

テーマ : 楽器
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

JASON

Author:JASON
はじめまして。JASONと申します。ホラー映画が大好きで放映される作品は大概録画して観ています。時間が許せば劇場にも足を運びますが、ことホラー映画に関して言えば米国で公開された数の十分の一くらいしか我が国で公開されないのが残念です。因みにハンドルネームのJASONは御存じ13金のシリーズから取ったものです。さて小生の他の趣味ですが楽器では習い事レベルですが、クラシックのヴァイオリンとジャズピアノを奏します。またカクテルに興味があり、冬はマンハッタン、夏はマルガリータなどを作って楽しんでいます。更に ホームページギャラリー「チェリーとジャンヌ」を公開中です。黒猫チェリーと白猫ジャンヌが登場するイラストストーリーとギャラリーの二本立てになっています。見て頂いた方々のご感想や意見交換などをホームページつくりに反映していきたくよろしくお願いします。なお、URLはhttp://parnassum.web.fc2.com/です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード