FC2ブログ

季節の音楽 卯月

41ZVBHM247L[1]
季節の音楽 卯月
 季節の音楽 卯月はバッハのヴァイオリン協奏曲第一番第二楽章である。バッハのヴァイオリン協奏曲は一番、二番、それに二つのヴァイオリンの為の協奏曲の全3曲が有名でこれだけでレコードに丁度収められる長さもあってか、過去かなりの数のアルバムがリリースされている。技術的にもさほど難しくないので素人の発表会などでもピアノを伴奏としてよく弾かれている。
 十数年前にヴァイオリンのレッスンを受けていた頃、発表会でこの一番をエントリーした。第一楽章、第二楽章を冬と春の2回に分けて弾いた訳だが、どういう訳か第二楽章が印象深い。曲想は極めてゆったりとした中にも歌があって何かしら崇高な佇まいが素敵である。たまたま、五月の発表会に向けて練習していたのでこの曲を聴くと、どこからともなく初夏の薫風が流れて来て清々しい気持ちになる。 
 さてレコードは上述の如く、グルミオー、シェリング、など様々なアルバムがある中、JASONはニコラウス・アーノンクール指揮のウイーン・コンチェントゥス・ムジクスの演奏がいたく気に入ってしまった。独奏ヴァイオリンは勿論奥様のアリス・アーノンクールである。全体に暖かいトーンに溢れた名演だと思う。尚、発表会に向けてはダビット・オイストラッフのDVDを参考にしたが、その恰幅の良い安定した演奏は得る所が多かった。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

バッハのヴァイオリン協奏曲1番、2番、それに二つのヴァイオリンの為の協奏曲、この3曲が前回の横浜バロック室内合奏団の定期演奏会(5/24)のうちの半分でした。
いずれも何度も聴いているのですが、「二つのヴァイオリンの為の協奏曲」はごちゃごちゃしてわかりにくく、1番、2番のほうが素直に楽しい、という印象でいました。
ところが、神経を集中して生演奏を聴いた感想はというと、「二つのヴァイオリンの為の協奏曲って、なんておもしろいんだ!!」というものでした。

No title

ディックさん
JASONです。

コメントありがとうございます。

二つの楽器の協奏曲というのはあまり多くはないようです。
バッハのこの曲は明らかにヴィバルディの影響があるのでしょう。

第一番は発表会で弾いていて「名曲だなあ」と感激した記憶が
あります。
プロフィール

JASON

Author:JASON
はじめまして。JASONと申します。ホラー映画が大好きで放映される作品は大概録画して観ています。時間が許せば劇場にも足を運びますが、ことホラー映画に関して言えば米国で公開された数の十分の一くらいしか我が国で公開されないのが残念です。因みにハンドルネームのJASONは御存じ13金のシリーズから取ったものです。さて小生の他の趣味ですが楽器では習い事レベルですが、クラシックのヴァイオリンとジャズピアノを奏します。またカクテルに興味があり、冬はマンハッタン、夏はマルガリータなどを作って楽しんでいます。更に ホームページギャラリー「チェリーとジャンヌ」を公開中です。黒猫チェリーと白猫ジャンヌが登場するイラストストーリーとギャラリーの二本立てになっています。見て頂いた方々のご感想や意見交換などをホームページつくりに反映していきたくよろしくお願いします。なお、URLはhttp://parnassum.web.fc2.com/です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード