FC2ブログ

季節の音楽 弥生

レイブライアント
季節の音楽 弥生
 季節の音楽 弥生はレイ・ブライアントの「ゴールデン・イヤリング」を採りあげる。レイ・ブライアントは1931年フィラデルフィア生まれの黒人ジャズピアニストである。チャーリーパーカーやレスターヤングのピアノを担当していたというから、1940年代から音楽活動をしていたものと思われる。
 彼の超名盤(というかモダンジャズの代表的レコードとして)の一つに「レイ・ブライアント・トリオ」(Prestige)がある。1957年録音のモノラル盤だが、彼の黒人フィーリングというかブルース感覚が目一杯発揮されたアルバムである。この冒頭に入っているのが「ゴールデン・イヤリング」という曲。同名の映画主題歌で作曲はあのビクター・ヤング。何となくジプシーを思わせる民族的な旋律は元ネタがサラサーテのチゴイネルワイゼンから来ていることと大いに関係がありそうである。その所為かペギーリーの唄でも大ヒットした。
 ブライアントのそのよくスイングするタッチは独特の感触がある。どちらかと言うと極めてあっさりと演奏しているが、それがこの浪花節的?とも言える旋律を自然と歌わせしみじみとした感興溢れるものとしているようだ。ジャケットでタバコを斜めに加えたブライアントには“どうだ文句あるか”の如き“余裕の極め技”みたいな表情が溢れており実によろしい。
 20年以上昔だがジャズピアノのスクールに通っていた頃、この弥生の頃に「ゴールデン・イヤリング」を練習していたのでこの季節になると聴いているというわけである。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

すっかり気に入ってしまいました

 このアルバムはいいですねぇ。
 なぜ、いままで レイ・ブライアントをあまり聴いたことがなかったのだろう。
 たぶんブルーノートなどの洋盤が続々と入荷し始めた頃、ジャズの紹介本で聞きかじった有名処の名前を頼りにCDを買い集めていたせいでしょう。たまたまレイ・ブライアントのCDが見つからなかった、というだけかも知れません。
 このアルバムはチャーリー・ヘイデンの「Nocturne」に続いて、とても気に入ってます。
 しばらくはこれを聴く機会がかなり増えるでしょう。
 Spotify の私設Playlist に JAZZフォルダーを作り、気に入ったアルバムをその中にリストにして、すぐ聴くことができるようにしました。

プレステッジ

ディックさん

コメントありがとうございます。

レイ・ブライアントはレーベルがプレステッジなのでその分知名度は低くなっているかもしれません。しかも寡作家なのでなおさらです。

しかしこのG・Eはモノラルにもかかわらず良いですよね。
プロフィール

JASON

Author:JASON
はじめまして。JASONと申します。ホラー映画が大好きで放映される作品は大概録画して観ています。時間が許せば劇場にも足を運びますが、ことホラー映画に関して言えば米国で公開された数の十分の一くらいしか我が国で公開されないのが残念です。因みにハンドルネームのJASONは御存じ13金のシリーズから取ったものです。さて小生の他の趣味ですが楽器では習い事レベルですが、クラシックのヴァイオリンとジャズピアノを奏します。またカクテルに興味があり、冬はマンハッタン、夏はマルガリータなどを作って楽しんでいます。更に ホームページギャラリー「チェリーとジャンヌ」を公開中です。黒猫チェリーと白猫ジャンヌが登場するイラストストーリーとギャラリーの二本立てになっています。見て頂いた方々のご感想や意見交換などをホームページつくりに反映していきたくよろしくお願いします。なお、URLはhttp://parnassum.web.fc2.com/です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード