FC2ブログ

季節の音楽 睦月

phi_x8552_1[1]
季節の音楽 睦月 
 季節の音楽 睦月はグルミオーのモーツァルトのヴァイオリンソナタK304を採りあげる。モーツァルトはヴァイオリンソナタを40曲近く作曲しているが、演奏されたり、録音されているのはごく限られた数曲だけである。アルトゥール・グルミオーのヴァイオリン、クララ・ハスキルのピアノで録音されたアルバムも6曲だけである(尤もライブの音源が後少しあるようだが)。中でもロ短調のK304は物悲しい雰囲気で始まるものの次第に力強い感興に溢れてくる名曲である。
 曲は極めてシンプルな二楽章構成だがそこには当然モーツァルトらしい人生のドラマを描いて余りある内容に満ちている。またヴァイオリンソナタと称してはいるが、ピアノは伴奏ではなくて室内楽の如く対等に位置しており両者揃って音楽を作り上げることが必須となっておる。レコードも多種多様に出ているがやはりグルミオー&ハスキルのコンビがその優美な響きで他とは一線を画する素晴らしい内容である。
 このレコードを初めて聴いたのがFMからの録音で1970年代初頭の正月であった。その頃は未だ石油ストーブで暖をとっており、ある時期は帰宅するとストーブと共にこの録音テープで文字通り「暖をとって」いたものだ。後年上記6曲を収録した2枚組みのLPが出た際には即刻ゲットしたのは言うまでもない。
 蛇足ながらグルミオーは晩年にワルター・クリーンと10曲近くを再録音している。これは枯淡の境地とも言うべき別の意味での名演であるが、小生としてはハスキルとのコンビであるこの1950年代末期の録音の方に心惹かれるものがある。
 更なる蛇足としてこのK304のソナタは小生が数年前ヴァイオリンの発表会でエントリーしていたものの急病で演奏を断念した因縁めいた曲でもあるのだ。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

聴いてみました

私がいま聴いているアルバムはどういう経緯のものなのか。
グルミオーとハスキルの演奏するモーツァルトのソナタ、収録されているのはK301、K304、K376、K378 の4曲です。
このアルバムのカバー・フォトはクララ・ハスキルの写真のみ。グルミオーは付け足しみたいに小さく書いてあります。
>ヴァイオリンソナタと称してはいるが、ピアノは伴奏ではなくて室内楽の如く対等に位置しており両者揃って音楽を作り上げることが必須となっておる。
……とこの記事で書かれているように、グルミオーでなくハスキルにスポットを当ててアルバムを作ることもできた、ということでしょうね。

 もうひとつ、Besancon Festival Recital(1957)というアルバムも見つかりました。カバー・フォトはグルミオーとハスキルが並んで階段を下りている写真。
 これにはモーツァルトのK454のソナタとベートーベンのヴァイオリン・ソナタ3番、10番も含まれています。
 聴いてみたらホールでの拍手入りでした。

 こちらで紹介されている6曲揃ったアルバムは、いまのところ見つけられません。

 さて、K304 はいままで知らないでいましたが、たしかに、何度も繰り返し聴きたくなる曲ですね。

グルミオー

ディックさん

JASONです。コメントいつもありがとうございます。

お尋ねの件、6曲のバージョンはLP時代だけのものだと思います。
現在は4曲がCD化されているようです。残りの2曲はどうやらモノラル
で音質が余り宜しくないのでお蔵入りした模様です。

さて一般的にはハスキルの知名度がダントツに高いのでハスキル全集(左程録音は残ってないので作り易い?)が過去何度かリリースされその度にグルミオーは小さな扱いで小生みたいなグルミオーファンはいつも納得できないでいます。

階段の写真は最近発見されたもののようです。いずれにしてもこの二人の奏でるモーツァルト(6曲+ライブ)、ベートーベン(全曲)は不世出の人類の宝物みたいな輝きがあると(私は思っております)。でもその割にには二人共余り知られていないのが残念です。

ヴァイオリンファンの小生としてはグルミオーがNo1と考えますが。

繰り返し聴いています

 K304は、第2楽章がとくに気に入りまして、繰り返し聴き込んできています。
 別のアルバムも見つけまして、それは Besancon Festival とスタジオ録音のミックス。
 聴いてみると Besancon Festival のこの録音はあまりよくありませんが、終わりのほうにスタジオ録音のものが追加されていて、そちらはたいへん音質がいい。
 スタジオ録音の曲はやはり K301、K304、K376、K378の4曲だけです。
 なお、K304がとくによいな、と感じるのは、おっしゃるようにロ短調だからかも知れません。

 ところで、グルミオ&ハスキルが演奏しているK454のソナタ32番が入っているアルバムも見つけました。1957のもので、Arthur Grumiaux.Vol.1 というアルバムで、3番のコンチェルトも入っています。K304、K378付き。すべて LIVEだけど、これは音質はたいへん良好です。

 クララ・ハスキルはたいへんな人気アーティストだったのですね。彼女が参加しているアルバムはうじゃうじゃと見つかり、追いかけきれません。
プロフィール

JASON

Author:JASON
はじめまして。JASONと申します。ホラー映画が大好きで放映される作品は大概録画して観ています。時間が許せば劇場にも足を運びますが、ことホラー映画に関して言えば米国で公開された数の十分の一くらいしか我が国で公開されないのが残念です。因みにハンドルネームのJASONは御存じ13金のシリーズから取ったものです。さて小生の他の趣味ですが楽器では習い事レベルですが、クラシックのヴァイオリンとジャズピアノを奏します。またカクテルに興味があり、冬はマンハッタン、夏はマルガリータなどを作って楽しんでいます。更に ホームページギャラリー「チェリーとジャンヌ」を公開中です。黒猫チェリーと白猫ジャンヌが登場するイラストストーリーとギャラリーの二本立てになっています。見て頂いた方々のご感想や意見交換などをホームページつくりに反映していきたくよろしくお願いします。なお、URLはhttp://parnassum.web.fc2.com/です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード