季節の音楽 皇月

230067071[1]
季節の音楽 皇月
 季節の音楽 皇月はヘンデルの水上の音楽(演奏 コレギウム・アウレウム合奏団)を取り上げる。ヘンデルはイギリスの作曲家であって国王に仕えていたのだが、大陸(つまりヨーロッパ)への音楽的な憧憬止みがたく遂には渡欧してしまう。特にイタリアに興味があったことはその曲想(コンチェルトグロッソの構成など)から十分窺える。
 そうこうしているうちに当初の予定を相当越えて大陸に滞在してしまい、国王の機嫌を損ねたという。そこで、ヘンデルは帰国すると直ちにこの水上の音楽を作曲し、国王がテムズ川を遊覧する際にいきなり演奏披露に及び、国王をいたく感動させたという逸話が残っている。尤も現在はその事実を「出来すぎている」と疑問視するムキも多い。とはいうものの、この曲はそうした場面を髣髴とさせる佇まいに溢れていることは万人の認めるところであろう。
 水上の音楽は一種の組曲の構成をとっており、オーヴァーチュア、アリア、などの小曲大曲が入り混じってドラマチックな趣に溢れている。同趣向の曲集としては王宮の花火の音楽というのもある。さてコレギウム・アウレウム合奏団はピリオド楽器(古楽器)を使った柔らかな音色と、ドイツのフッガー家の城の通称「糸杉の間」と呼ばれる音響効果に優れた場所で録音を行ったことを特徴としており、その芳醇な響きは他の追従を許さないものがある。バロックオーボエの鄙びた音色がガット弦の響きと微妙に絡み合い、極上の(ワインの如き)音楽が展開する。
 因みに私事であるが、小生の結婚披露宴の入場にはこの曲の冒頭「オーヴァーチュア」を使ったことから、五月には必ず聴くアイテムになっている。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

JASON

Author:JASON
はじめまして。JASONと申します。ホラー映画が大好きで放映される作品は大概録画して観ています。時間が許せば劇場にも足を運びますが、ことホラー映画に関して言えば米国で公開された数の十分の一くらいしか我が国で公開されないのが残念です。因みにハンドルネームのJASONは御存じ13金のシリーズから取ったものです。さて小生の他の趣味ですが楽器では習い事レベルですが、クラシックのヴァイオリンとジャズピアノを奏します。またカクテルに興味があり、冬はマンハッタン、夏はマルガリータなどを作って楽しんでいます。更に ホームページギャラリー「チェリーとジャンヌ」を公開中です。黒猫チェリーと白猫ジャンヌが登場するイラストストーリーとギャラリーの二本立てになっています。見て頂いた方々のご感想や意見交換などをホームページつくりに反映していきたくよろしくお願いします。なお、URLはhttp://parnassum.web.fc2.com/です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード