ホラー映画三昧

yjimage[1]
ホラー映画三昧
 このブログも来月には8年目に突入する予定である。永い間のご厚意に御礼申し上げると共に今年もよろしくお願いしたい。
さて今回は本ブログのメインテーマである「ホラー映画」について色々と述べてみよう。というかこの年末年始にかけてかなりのホラー映画を見たのでその辺りから話を始めてみる。
 見た作品を以下に順不同で羅列してみる。①ザ・ベイ②REC3③REC4④ハネムーン⑤タイムシャッフル⑥ダークハウス⑦フロム・ザ・ダーク⑧ザ・ロッジ⑨悪魔の棲む家666⑩クラウン⑪ジェサベル⑫KRISTYクリスティ・・・殆どがWOWOWからの録画なので製作が2014年~2015年という“新作”である。
 これらの作品の共通するものとして最近は“血みどろ”の表現がかなり大人しくなってきたことが挙げられよう。やはり残酷シーンには色々と規正があるものと推察される。尤もそれでは盛り上がらない場合は非現実シーン(②③の例えばゾンビとか)にここぞとばかり使用する場合は結構あるみたいだが。
とはいえクリエーターとしては“血みどろ”の代りに様々な工夫を凝らすことを要求される。その一つはストーリーを捻ってどんでん返し(④⑤⑨⑪)を用意したり、超常現象(⑧)を描いたりしている。いずれにしても伏線の張り方が大事なワケでともすると“冗長”で“しつこい”演出(⑫)は避けて欲しいところだ。
 ⑨は題名からかなり損をしているがアーミッシュの村を舞台にしたオカルトなのでその非日常性が上手くブレンドされた佳作に仕上がっている。①はバリー・レビンソン監督作でPOV手法を巧く活用して恐怖を盛り上げることに成功している。
 以上、短期間にかなり見たが確かにホラー映画は変わってきているのは事実だろう。よって侮れないのであり、これからも随時レポートしていく予定だ。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

JASON

Author:JASON
はじめまして。JASONと申します。ホラー映画が大好きで放映される作品は大概録画して観ています。時間が許せば劇場にも足を運びますが、ことホラー映画に関して言えば米国で公開された数の十分の一くらいしか我が国で公開されないのが残念です。因みにハンドルネームのJASONは御存じ13金のシリーズから取ったものです。さて小生の他の趣味ですが楽器では習い事レベルですが、クラシックのヴァイオリンとジャズピアノを奏します。またカクテルに興味があり、冬はマンハッタン、夏はマルガリータなどを作って楽しんでいます。更に ホームページギャラリー「チェリーとジャンヌ」を公開中です。黒猫チェリーと白猫ジャンヌが登場するイラストストーリーとギャラリーの二本立てになっています。見て頂いた方々のご感想や意見交換などをホームページつくりに反映していきたくよろしくお願いします。なお、URLはhttp://parnassum.web.fc2.com/です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード