ウエイワード・パインズ(3部作) ブレイク・クラウチ

Wayword.jpg
ウエイワード・パインズ(3部作) ブレイク・クラウチ
 今回は読書感想。B・クラウチ著(東野さやか訳・ハヤカワ文庫NV)の「ウエイワード・パインズ」である。本としては「パインズ」「ウエイワード」「ラスト・タウン」という3部作構成になっている。実は本年夏にこの作品はFOXチャンネルで第1シーズン10話が放映されたばかりで監督はあのナイト・シャマランなのであった。そのテレビシリーズはユニーク極まりなく、ついつい原作を読みたくなってしまった訳だ。
 主人公イーサン・バークは交通事故に遭遇し病院で目を覚ます。そこは見知らぬ街「ウエイワード・パインズ」。そしてそこに住み暮らすことを強要される。脱出を試みるが敢え無く失敗。その過程で街の周辺にはバリアーが張り巡らされていることも知る。
 という設定は目新しくもないし、以下の説明もネタばれにはあたらないだろう。テレビシリーズを観ても本作を読む障害にはならなかったからだ。
 実は2000年未来の地球の話なのだ。タイムマシーンとかでなくコールドスリープ(冷凍睡眠)で。同じ未来に行くアイディアは(いけると仮定した場合)色々あるのだが、タイムマシーンは予め無人機(ドローン)を送りこむとか事前調査は可能である一方、コールドスリープは全く予想が付かず出たとこ勝負の「面白さ」があるわけだ。その辺りが本作のリアリティに繋がる訳で中々上手い作戦だ。実際バリアーの外には退化(進化?)した獰猛な肉食種族アビーが跋扈している。第一作「パインズ」はこうした謎ときが中心。第二作「ウエイワード」は美しく住み易い筈のウエイワードが実際は窮屈極まりなく、かつ将来性の不安が露呈して、住民は混乱するというアンチ・ユートピアへのくだりが中々よろしい。そして第三作「ラストタウン」ではバリアーが外されアビーが街に大挙して侵入し阿鼻叫喚の地獄図となる。作者はここに各人にスポットを当てたエピの積み上げ(映画的手法とでもいうべきか)を使い緊迫感を盛り上げている。まあラストだけはネタばれになるので伏せておこう。
 ウエイワード・パインズはこのように設定謎解きドラマからジェットコースター的サスペンスまで雑多な要素が混じり合っている。一方では何かこう一本パンチの利いたサムシングが不足している。またこうした世界を構築した影の黒幕、科学者であり大富豪のデビット・ピルチャーが何故こうした行動に出たかという理由がイマイチ不明である。宗教めいていても如何わしくても何かしらブチ上げた方が良かったのではないか。
 因みに前述したテレビシリーズはノベルズとはかなり異なっている。つまり第2シーズン(今秋放映予定)に期待が寄せられるところなのだ。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

JASON

Author:JASON
はじめまして。JASONと申します。ホラー映画が大好きで放映される作品は大概録画して観ています。時間が許せば劇場にも足を運びますが、ことホラー映画に関して言えば米国で公開された数の十分の一くらいしか我が国で公開されないのが残念です。因みにハンドルネームのJASONは御存じ13金のシリーズから取ったものです。さて小生の他の趣味ですが楽器では習い事レベルですが、クラシックのヴァイオリンとジャズピアノを奏します。またカクテルに興味があり、冬はマンハッタン、夏はマルガリータなどを作って楽しんでいます。更に ホームページギャラリー「チェリーとジャンヌ」を公開中です。黒猫チェリーと白猫ジャンヌが登場するイラストストーリーとギャラリーの二本立てになっています。見て頂いた方々のご感想や意見交換などをホームページつくりに反映していきたくよろしくお願いします。なお、URLはhttp://parnassum.web.fc2.com/です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード