季節の音楽 神無月

BrahmsO2.jpg
(神無月 ブラームス ハンガリー舞曲集)
 季節の音楽 神無月はブラームスのハンガリー舞曲集を採りあげる。ブラームスはヴァイオリニストのレメーニの伴奏者としてドイツの各地で演奏旅行を行った際にレメーニからジプシーの音楽を教えられて大そう気に入ったという。それ以来ブラームスはそれらを元にハンガリー舞曲集を作曲した。その第1、2集が出版されると大好評となり、続いて第3、4集が刊行された。
 ブラームス自身は《ハンガリー舞曲集》が自作ではなく、伝統音楽の編曲にすぎないと言っていたそうだ。のちにレメーニがこれが盗作であるとして、ブラームスを相手に訴訟を起こしたが、前述の如く編曲にしておいたことが幸いして、ブラームスが勝利した。
 全21曲は夫々が民族的(ジプシー的?)ともいえる独特の雰囲気を持っており、ピアノの連弾の為に書かれたという意味が良く分る。即ち演奏栄えする曲集なのだ。しかしそのパーフォーマンスが余りにも評判を呼んだためか直ちに管弦楽にも編曲され第5番はよく演奏される。
 推薦レコードはアルフレッド・ブレンデルとワルター・クリーンの連弾だ。1956年のモノラル録音ながらそのキビキビしたリズム感は他の追従を許さないものがある。確か1970年代のある秋頃(10月)に廉価版として発売され、早速入手して聴いたものだ。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

ハンガリー舞曲というのは…

ハンガリー舞曲というのは、ブラームスだけでしょうか?
演奏会などのアンコールによく演奏されるのは、その管弦楽編曲版なのですかね。
なかなかいいな…、と何回か思ったことはあるけれど、どのようにして聴けばよいのか知りませんでした。つまりはブラームスのハンガリー舞曲集というのを買えばよいのか…。
ドビュッシーの前奏曲集と、ショパンのノクターン集を流しっぱなしにして、ようやくどんな曲があるのかわかってきて、作曲家の癖ものみ込めて、中には好きな曲も出来てきたけれど、次はブラームスのハンガリー舞曲集にしようかな…・

ハンガリー舞曲

ディックさん

JASONです。

コメント有難うございます。

ハンガリー舞曲は多分ブラームスのピアノ連弾が一番有名かと思います。全曲が軽快で楽しく、聴いていると元気が出てきます(私だけか?)

これに続いてドボルザークのスラブ舞曲(これも連弾)もオススメですので是非聴いてみて下さい。

Hungarian Rhapsodies

ブラームスのハンガリー舞曲集を何か買おうと思っていたけれど、自宅のCDの棚をほじくり返していたら、リストの Hungarian Rhapsodies が出てきました。
あまり聴き込んでいないので、棚においたまま忘れていたのでしょう。
こちらを先に聴いております。

No title

ディックさん

JASONです。

追加コメントありがとうございます。

リストのハンガリー狂詩曲ですね。

これはシフラはじめ名盤が多くて迷いますが、貴君とオープン
リールを貸し借りしてた頃に出た女流ピアニスト、フランス・クリダ
の演奏を気に入っています。

確かリストの全集がCD14枚組で4000円くらいで出ていますね。
プロフィール

JASON

Author:JASON
はじめまして。JASONと申します。ホラー映画が大好きで放映される作品は大概録画して観ています。時間が許せば劇場にも足を運びますが、ことホラー映画に関して言えば米国で公開された数の十分の一くらいしか我が国で公開されないのが残念です。因みにハンドルネームのJASONは御存じ13金のシリーズから取ったものです。さて小生の他の趣味ですが楽器では習い事レベルですが、クラシックのヴァイオリンとジャズピアノを奏します。またカクテルに興味があり、冬はマンハッタン、夏はマルガリータなどを作って楽しんでいます。更に ホームページギャラリー「チェリーとジャンヌ」を公開中です。黒猫チェリーと白猫ジャンヌが登場するイラストストーリーとギャラリーの二本立てになっています。見て頂いた方々のご感想や意見交換などをホームページつくりに反映していきたくよろしくお願いします。なお、URLはhttp://parnassum.web.fc2.com/です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード