10月はホラー映画月間(2013年版)

13101401N.jpg
10月はホラー映画月間(2013年版)
 今年も恒例のハロウインが近付いてきた。米国では過去大停電、ハリケーン等で中止になった所為か実に2年振りなんだそうで、その盛り上がりは相当なものらしい。とは言うものの実は米国映画でハロウインに因んだ(つまり10月公開の)ホラー作品は今年に限っていえば意外と少なく以下の2作品くらいである。
 「インシディアス 第二章」は前作の続き。インシディアスは引っ越してきた屋敷のゴーストものだが、被害者の過去や性格も絡んできて、ある意味新しい視点で作られた作品である。監督はSAWシリーズのジェームス・ウオン。現在米国でホラー作品を撮らせたら右に出る人は居ないという逸材らしい。「キャリー」はご存知スティーブン・キング原作のサイコサスペンス。情緒不安定な女子生徒がストレスが溜まるとそのエスパー能力にスイッチが入り超常現象が発生する。リメイクながらそのシーン等が見ものという。
 実のところこの10月は初旬より「ゼロ・グラビティ」という強力なSFスリラーが三週間も米国映画興行成績のトップに居座っている。これは宇宙空間アクシデントものなんだけれど、3D映画としてかの「アバター」以来の出来栄えとかで批評家、一般観客から絶大な支持を得ているという。そして3Dだと客単価が高いのでそれが興行成績にそのまま反映されているわけだ。事前にそうした理由の予想が付いた為か他のホラー作品は公開を控えているのかも知れない。ホラー映画ファンとしてはやや寂しい今年のハロウインである。
 尚、表題の絵はJASON Gallery から「ハロウイン」を掲載したものである。
スポンサーサイト

テーマ : ホラー映画
ジャンル : 映画

コメントの投稿

非公開コメント

No title

記事は2013年のことですが、2014年7月はSF映画月間だそうで、今ごろになって、映画のスター・トレック・シリーズ全12作を続けて見ました。
最初が1979年版のスタートレックで、テンポが遅くて一部早送りして見たりもしましたが、2作目当たりから展開が少しずつ速くなる。このシリーズに限らず、映画全般の作り方が変わってきたのだなあ、と。
まあ、いろいろと出来不出来があったり、よくそんなくだらない物語を思いつくなあ…、なんていうのもありましけれど、平均1日1作品、2週間で見終わったのだから、楽しんだと言えるでしょう。

トレッキー

ディックさん

コメントありがとうございます。

 懐かしいですね。スタトレの映画版は大阪時代に殆ど映画館で観てます。何せ自称トレッキーでしたから。
 12作にうち最近の2作は置いといて、大別すると前半はTOS(オリジナル)で後半はTNG(ネクストジェネレーション)という感じかな。
 テレビシリーズも深夜録画して殆ど見ています。映画にならなかったDS9、VGR(ボエジャー)も結構面白かったですよ。でも最後のテレビシリーズENTはかなり詰まらなかった記憶があります。
プロフィール

JASON

Author:JASON
はじめまして。JASONと申します。ホラー映画が大好きで放映される作品は大概録画して観ています。時間が許せば劇場にも足を運びますが、ことホラー映画に関して言えば米国で公開された数の十分の一くらいしか我が国で公開されないのが残念です。因みにハンドルネームのJASONは御存じ13金のシリーズから取ったものです。さて小生の他の趣味ですが楽器では習い事レベルですが、クラシックのヴァイオリンとジャズピアノを奏します。またカクテルに興味があり、冬はマンハッタン、夏はマルガリータなどを作って楽しんでいます。更に ホームページギャラリー「チェリーとジャンヌ」を公開中です。黒猫チェリーと白猫ジャンヌが登場するイラストストーリーとギャラリーの二本立てになっています。見て頂いた方々のご感想や意見交換などをホームページつくりに反映していきたくよろしくお願いします。なお、URLはhttp://parnassum.web.fc2.com/です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード