アメリカン・ホラー・ストーリー 精神病棟

images[3]
アメリカン・ホラー・ストーリー 精神病棟
 久しくホラー作品の話題から遠ざかっていたが、今回紹介するのは強力な米国製テレビドラマである。と言っても総計13本なのでジャンルとしてはミニ・シリーズ部門に分類されるらしい。その為、9月開催のエミー賞(米国のテレビ作品に贈られる賞)では名だたるテレビ・ドラマ部門の作品とは競う必要が無くなり、その所為か何と17部門にエントリーされているという。
 本作品はシーズン2であって副題がアサイラム、即ち精神病院ということになっている。先ずは俳優が全てシーズン1と同じながら舞台を精神病院に置き換え、役所(やくどころ)が一新されている。この設定が旨い。
 舞台は1960年前半のアメリカ片田舎にあった精神病院ハイヤークリフ。実在したこの病院では過去違法な治療とか色々問題があったらしい。病院の職員などは男性なのだが看護婦等女性は皆修道女という設定も中々宜しい。そして怪しい医者、医院長、牧師?、婦長などホラー作品に不可欠な要素がてんこ盛りなんである。おまけに宇宙人(エイリアン)まで登場する有様。こりゃあ一体全体どうなっちまうんだろう・・・と思わせるのだが、それが面白さに繋がるトコロが憎い。つまりアメリカの文化としてのホラー作品の有り様が深く関わってくるのである。
 これは我々日本人が見ると一見荒唐無稽で馴染の無い(ホラー作品の)キーワードが実はアメリカでは作り物なんだけど昔から親しんでしまい常識化しているというメカニズムにポイントがある。この辺りが分ってないとこの作品は殆ど楽しめない。
 クリエーターはライアン・マーフィ。そうあの連続音楽TVドラマ「グリー(Glee)」で一躍注目されたお方である。グリーも極めてアメリカ的なテレビ作品である。それはミュージカルと言うアメリカ独特の文化を最大限利用しているからだ。この図式は前述のホラー作品と全く同様である。実際、彼の音楽的感性は誠に素晴らしく「音楽」がこのアメリカン・ホラー・ストーリーの一つの要素として楽しめる仕掛けとなっている。1963年にヒットしたスール・スーリールの「ドミニカ」(これは頻繁で使われる修道女モノ)に始まり、1960年代オールデイズの数々、と思えばフィリップ・グラスの「キャンディマン」(ホラーのカルト作品)等枚挙に暇がない。
 お話は雑誌記者のラナがハイヤークリフの取材を敢行するも拉致されてしまう、というエピソードから始まり、マッドサイエンティストの蛮行など次々と「どこかで見たような」お話が続く。また婦長を演ずるジェシカ・ラングの演技が正に鳥肌モノだが、彼女を取り巻くジェイムス・クロムウエル等の名優達も見逃せない。尚、現在ではFOXチャンネルで再放送中である。噂によるとシーズン3にはキャシー・ベイツが登場するらしい。
スポンサーサイト

テーマ : 海外ドラマ(欧米)
ジャンル : テレビ・ラジオ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

JASON

Author:JASON
はじめまして。JASONと申します。ホラー映画が大好きで放映される作品は大概録画して観ています。時間が許せば劇場にも足を運びますが、ことホラー映画に関して言えば米国で公開された数の十分の一くらいしか我が国で公開されないのが残念です。因みにハンドルネームのJASONは御存じ13金のシリーズから取ったものです。さて小生の他の趣味ですが楽器では習い事レベルですが、クラシックのヴァイオリンとジャズピアノを奏します。またカクテルに興味があり、冬はマンハッタン、夏はマルガリータなどを作って楽しんでいます。更に ホームページギャラリー「チェリーとジャンヌ」を公開中です。黒猫チェリーと白猫ジャンヌが登場するイラストストーリーとギャラリーの二本立てになっています。見て頂いた方々のご感想や意見交換などをホームページつくりに反映していきたくよろしくお願いします。なお、URLはhttp://parnassum.web.fc2.com/です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード