発表会の曲(第17回)

(第17回 アイ・ゲット・ア・キック・アウト・オブ・ユー)
 御大フランク・シナトラが歌って1950年代に大ヒットしたコール・ポーターの佳曲である。それをオスカー・ピーターソンが「シナトラ・ソングブック」なるアルバムで採り上げたのが全音の楽譜で出版されている。曲自体は言わずもがなの名曲なので詳しくは述べないが、ピーターソンはブロックコードを多用し、しかもスイングしつつ別旋律とも言えるアドリブを展開しておる。楽譜があるから大丈夫というのは全くの妄想であって、この再現に大変苦労した。つまり右手がメロディ、左手はコードのバッキングというパターンは敢え無く解体され、両手で音楽を総合的に表現するというより高度な次元が要求されるのだな。
 因みに年末の発表会向けてこの曲をレッスンしだした頃にWOWOWでサンセット77なる大昔の米国製テレビドラマがデジタルリマスターで始まった。実はこの番組のサイド・テーマがこの曲であって、演奏スタイルを色々変えて番組のバックに流れている。フランキー・オルテガ・トリオの極めてスインギーな(ナイトクラブにぴったしの)演奏も実にエキサイティングなのだが、白眉は当時のポップス歌手ジョニー・ソマーズがオルテガ・トリオをバックに唄うシーン。バースを省き、いきなりアップテンポのアドリブから始まる場面には度肝を抜かれたものだ。
 こうしたシンクロニシティ(同時性)を感じながら発表会は無事終了したのだが、その翌日にオスカー・ピーターソンの訃報を聞いてこれまた唖然としたものだ。(この項最終回)
スポンサーサイト

テーマ : 楽器
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

JASON

Author:JASON
はじめまして。JASONと申します。ホラー映画が大好きで放映される作品は大概録画して観ています。時間が許せば劇場にも足を運びますが、ことホラー映画に関して言えば米国で公開された数の十分の一くらいしか我が国で公開されないのが残念です。因みにハンドルネームのJASONは御存じ13金のシリーズから取ったものです。さて小生の他の趣味ですが楽器では習い事レベルですが、クラシックのヴァイオリンとジャズピアノを奏します。またカクテルに興味があり、冬はマンハッタン、夏はマルガリータなどを作って楽しんでいます。更に ホームページギャラリー「チェリーとジャンヌ」を公開中です。黒猫チェリーと白猫ジャンヌが登場するイラストストーリーとギャラリーの二本立てになっています。見て頂いた方々のご感想や意見交換などをホームページつくりに反映していきたくよろしくお願いします。なお、URLはhttp://parnassum.web.fc2.com/です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード