スクリーム4

スクリーム4(2011年アメリカ映画)
 本ブログ久々のホラー映画の紹介である。本作はシリーズ4弾目とはいうもののスクリーム3からは実に11年の時を経ている。ということはキャストやスタッフにもその影響が出ている筈なのだが、とりわけ出演者の若々しさはメーキャップ技術の勝利?であり、またストーリー展開の巧さはいつもながら感心させられる。第一作同様に製作と監督はウエス・クレイブン、脚本はケビン・ウイリアムソンという黄金のコンビにその秘密がありそうである。
 お話はホラー小説で人気作家となったシドニーがサイン会ということで故郷ウッズボローに帰って来るところから始まる。というか実はスラッシャー・ムービーのスタブというのを題材としたビデオを見ている二人の女の子に殺人予告電話が掛かってきて云々・・・というシーンが冒頭に何度か出てくる。これはおふざけなのだが出演者も豪華(トゥルーブラッドのアンナ・パキン、シークレット・サークルのブリット・ロバートソンなど)なら台詞も気が利いていて楽しめる。オードブル(前菜)としては実に上出来なのだ。
 そして本題。成功した人間が故郷に帰って来ると殺人が起きる、というのは横溝正史の例を出すまでもなく古今東西のミステリーの典型であろう。そして登場人物も昔懐かしの面々。加えてホラーマニアのオタクが登場し、ホラー映画のクイズに始まりその薀蓄が繰り広げられてホラーファンは何時もとはいささか趣向の異なる(スプラッター的でない)「知的な楽しみ方」を享受できるという仕組み。これが素晴らしい。勿論本編も殺人鬼は一体誰?という大事な謎を最後までしっかり保持して一片の揺るぎも無い。大したもんである。この手の作品にありがちなパロディや乱痴気騒ぎは要領よく短時間でまとめ、サスペンス・ミステリィとして実に良く練り上げられている。例によってウエス・クレイブンの色彩や映像への非凡な拘りが効果をあげ秀作に仕上がっております。因みにこの後に製作のみを担当した「ザ・リッパー」(My Soul to Take)とは雲泥の差である。
 尚、作品中に殺人鬼から「好きなホラー映画は何か?」というメッセージが何度か出てくるが、この場合のホラー映画は原語で言えば「スケアリー・ムービー」というのだそうな。
スポンサーサイト

テーマ : ホラー
ジャンル : 映画

コメントの投稿

非公開コメント

評価が高いですね

ええ? また第4作もあるのか…、というのが正直な感想で、敬遠しておりましたが、JASON さんの評価が高そうなので、どうせまた WOWOWで 何度も再放送しそうだし…、と重い腰をあげようとしています。

10月、京都と奈良へ、少し長い旅行に出かけます。
仕事ばかりで国内の名所もろくに知らないので、見聞を広めてまいります。

No title

ディックさん

JASONです。

コメントありがとうございます。

「スクリーム」シリーズの監督さんはあの「エルム街の悪夢」でデビュー?したウエス・クレイブンです。「スクリーム」はホラー(スケアリー)映画というよりは良質なサイコ・ミステリーだと思います。

さて関西旅行。どうかお気を付けて。数年前でしたら小生が少しはアテンドできたかも知れませんね。
プロフィール

JASON

Author:JASON
はじめまして。JASONと申します。ホラー映画が大好きで放映される作品は大概録画して観ています。時間が許せば劇場にも足を運びますが、ことホラー映画に関して言えば米国で公開された数の十分の一くらいしか我が国で公開されないのが残念です。因みにハンドルネームのJASONは御存じ13金のシリーズから取ったものです。さて小生の他の趣味ですが楽器では習い事レベルですが、クラシックのヴァイオリンとジャズピアノを奏します。またカクテルに興味があり、冬はマンハッタン、夏はマルガリータなどを作って楽しんでいます。更に ホームページギャラリー「チェリーとジャンヌ」を公開中です。黒猫チェリーと白猫ジャンヌが登場するイラストストーリーとギャラリーの二本立てになっています。見て頂いた方々のご感想や意見交換などをホームページつくりに反映していきたくよろしくお願いします。なお、URLはhttp://parnassum.web.fc2.com/です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード