タイタニック

(JASON通信アーカイブ その11)
タイタニック(1999年12月WOWOWにて視聴)
 ようやく観ました。昨年(1998年)に大ヒットした海洋スペクタクル作品である。とにかくジェームス・キャメロンのフィルムメーカーとしての力量が遺憾無く発揮された秀作である。
 本作はドラマとか演出ではなく、圧倒的な映像美学に酔わされる作品である。しかも精緻かつ計算され尽くされた構成で180分を一気に見せる。テーマは「悠久の時間の流れに逆らえない刹那さ」であり、その中心にある男女の愛は、時間により丁度タイタニックが真ん中から折れるように、引き裂かれるのである。このテーマはキャメロン監督が「ターミネーター」以来求めてきたものと全く同一である。今回はとてつもないスケールでそれを描いたのだが、本当にやりたかったのは世紀の大パニックであろう。
 現在と過去を交差する構成もさりげなく取り入れているし、登場人物も特別異様な人間はおらずごくごく普通の人たちとして描かれている。ここは悪人も善人も居ない。タイタニックが主人公なのだ。だからどうしても映像に目がいってしまう。キャメラは巨大なタイタニックを様々な角度から生き生きと捕えている。そして沈没シーンではタイタニックより更に巨大(広大)な北極海と星空に視点は移る。更に沈没後は逆に北極海に浮かぶ凍り付いた人間達に極度に接近したアングルを撮っている。こうした視点の移動シークエンスが実に快感なのだ。しかも音楽は殆ど無く(楽隊の調べも一定で環境音にちかい)、実際の声や騒音などでそのリアルさを醸し出している。つまりこの作品は究極の職人芸みたいなものなのだ。主演が誰とか、主題歌がどうのこうのとかは全く関係ない。大袈裟で、もっともらしく、それでいて妙な現実感のあるドキュメンタリイ映画なのである。キャメロン節に酔うてておればよい傑作である。
スポンサーサイト

テーマ : 心に残る映画
ジャンル : 映画

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

JASON

Author:JASON
はじめまして。JASONと申します。ホラー映画が大好きで放映される作品は大概録画して観ています。時間が許せば劇場にも足を運びますが、ことホラー映画に関して言えば米国で公開された数の十分の一くらいしか我が国で公開されないのが残念です。因みにハンドルネームのJASONは御存じ13金のシリーズから取ったものです。さて小生の他の趣味ですが楽器では習い事レベルですが、クラシックのヴァイオリンとジャズピアノを奏します。またカクテルに興味があり、冬はマンハッタン、夏はマルガリータなどを作って楽しんでいます。更に ホームページギャラリー「チェリーとジャンヌ」を公開中です。黒猫チェリーと白猫ジャンヌが登場するイラストストーリーとギャラリーの二本立てになっています。見て頂いた方々のご感想や意見交換などをホームページつくりに反映していきたくよろしくお願いします。なお、URLはhttp://parnassum.web.fc2.com/です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード