ストーム・オブ・ザ・センチュリィ

(JASON通信アーカイブ その10)
ストーム・オブ・ザ・センチュリィ (2000年9月にビデオレンタルで視聴)
 スティーブン・キング原作の1999年のテレビ・ミニシリーズ。全部で4時間の長尺ものである。キングの映像化作品は賛否両論があるが総じて凡作が多い。それを気にしてかどうか知らないが、本作はキング自らが脚本を手掛けており、「本」としては出版されていない貴重な作品なのだ。
 孤島に世紀の大嵐(ストーム・オブ・ザ・センチュリィ)がやってくる、と同時に異様な人物が出現して怪奇現象を巻き起こす。文字通り孤立した島では自殺、恋人同士の殺し合い、行方不明などが頻発する。立ち向かうは保安官のみ。やってきた人物は黙示録の悪霊であった。世紀の大嵐によって島民は教会地下のシェルターに避難を余儀なくされてしまう。悪霊からのメッセージは「欲しいものが手に入ったら出て行く」というもの。その欲しいものを伝える前に自分のパワーを島民達に徹底的に知らしめ、要求を受け入れさせようとしている訳だ。ある日全員が同じ夢を見る。大嵐の後、本土と断絶されたとある島では島民全員が行方不明となってしまうというニュースの映像である。過去に世界ではそうした地域がいくつか実在するらしいというアナウンスも伴っている。教会集会室に全員を集めていよいよ悪霊がその欲しいものを伝えるのであった。ジャ~ン!果たしてそれは何だったのか?後は観てのお楽しみ。いかにもキングらしいストレートな恐怖と捻ったアイディアが素晴らしい。
 監督のグレイグ・R・バクスレィは地味ながら後半の教会でのシーンでは緻密な演出で効果を上げている。何しろこれだけの長尺作品を退屈させないで引っ張っていくのだから大したもんである。また当然のことながらキング自身もちょこっと出演している。傑作です。
スポンサーサイト

テーマ : ホラー映画
ジャンル : 映画

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

JASON

Author:JASON
はじめまして。JASONと申します。ホラー映画が大好きで放映される作品は大概録画して観ています。時間が許せば劇場にも足を運びますが、ことホラー映画に関して言えば米国で公開された数の十分の一くらいしか我が国で公開されないのが残念です。因みにハンドルネームのJASONは御存じ13金のシリーズから取ったものです。さて小生の他の趣味ですが楽器では習い事レベルですが、クラシックのヴァイオリンとジャズピアノを奏します。またカクテルに興味があり、冬はマンハッタン、夏はマルガリータなどを作って楽しんでいます。更に ホームページギャラリー「チェリーとジャンヌ」を公開中です。黒猫チェリーと白猫ジャンヌが登場するイラストストーリーとギャラリーの二本立てになっています。見て頂いた方々のご感想や意見交換などをホームページつくりに反映していきたくよろしくお願いします。なお、URLはhttp://parnassum.web.fc2.com/です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード