ピラニア 3D

ピラニア 3D(2010年アメリカ映画)
 サマーシーズン到来である。夏と言えばホラー映画と相場が決まっている割にはこのブログでその手の作品紹介が久しくご無沙汰になっている。大変申し訳ない(何が?)。そこで今回は夏に相応しい?ビキニのシーン(だけでなくハダカも)だらけというホラー映画のそれも最新作「ピラニア3D」をご紹介しよう。題名から分るとおりこれは1978年のジョー・ダンテ作品「ピラニア」のリメイクだ。題名は差別化するために3D作品というのをもじっている。
 作品のマーケットとしてはわが国ではマニア向け8割、一般客2割といったところか。しかし米国ではホラー映画は決してマニア向けではなく一般客がわが国でのマニアの知識を「常識」としているのでその辺は大分事情が異なるようだ。その(わが国における)マニア向けの最たる部分は以下の如し。先ず冒頭にリチャード・ドレイファス扮するおっちゃんが湖で小船に乗って釣りをしているとそこにピラニアが近づいて・・というくだりがある。正にJAWSそのもの。ドレイファスの顔を見たらJAWSを想像できる有名なシーンだ(服装までそっくりらしい)。そして女保安官演ずるはエリザベス・シューであり、何やら訳知り海洋学者?演ずるはクリストファー・ロイド。分りますね、この方々はバック・トゥー・ザ・フューチャー(略してBTF)の準主役を務めましたから。このJAWSとBTFの共通項と言えばスピルバーグ。つまりこのピラニア3Dは監督のアレキサンドル・アジャがスピルバーグに捧げた作品なのです(多分)。
 そうした構図の中で物語は実にシンプルに展開する。湖で開催される水着イベントはおばかさん丸出しのはちゃめちゃな騒動。そして湖底では地殻変動で眠れる太古のピラニアが大群で出陣!この二つの要素が絡まって想像通りの恐怖が始まるわけだが、アジャ監督は大した伏線も張らず楽しげにお話を自由に転がしている。結局最後は阿鼻叫喚のスプラッターシーンと相成るわけで拍手喝采であります。後に何も残らない快作というべきか。好評につき続編「ピラニア・リターンズ(原題 ピラニア3DD)」が今夏公開予定である。
スポンサーサイト

テーマ : ホラー
ジャンル : 映画

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

JASON

Author:JASON
はじめまして。JASONと申します。ホラー映画が大好きで放映される作品は大概録画して観ています。時間が許せば劇場にも足を運びますが、ことホラー映画に関して言えば米国で公開された数の十分の一くらいしか我が国で公開されないのが残念です。因みにハンドルネームのJASONは御存じ13金のシリーズから取ったものです。さて小生の他の趣味ですが楽器では習い事レベルですが、クラシックのヴァイオリンとジャズピアノを奏します。またカクテルに興味があり、冬はマンハッタン、夏はマルガリータなどを作って楽しんでいます。更に ホームページギャラリー「チェリーとジャンヌ」を公開中です。黒猫チェリーと白猫ジャンヌが登場するイラストストーリーとギャラリーの二本立てになっています。見て頂いた方々のご感想や意見交換などをホームページつくりに反映していきたくよろしくお願いします。なお、URLはhttp://parnassum.web.fc2.com/です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード