バベットの晩餐会

(JASON通信アーカイブ その7)
バベットの晩餐会(1992年4月にWOWOWにて視聴)
 1989年のデンマーク映画。これが滅法面白い。北欧の寒村に静かに暮らす老姉妹の下に大陸から女が流れ着く。そのバベットが下女として勤めて20年。料理にたけた彼女は実はパリのレストランの女料理長であったのだ。しかしそれは今は昔の物語。ところが、彼女の唯一の楽しみが「宝くじ」で遂に一等の1万フランを仕留めて仕舞う。
 さてここからが本題である。老姉妹の父親の何十年回忌かの記念の夜の晩餐会を総て一人でやらしてくれと頼む彼女は一週間かけて大陸へ材料を買い出しに出掛ける。そして、浜辺に運ばれて来た数々の材料、大きな氷柱、海亀、鶉、そしてアシスタントの少年。ここいらから観客はワクワクしてくるのだが、同時に演出の妙でもあるのだな。
 そして当日の夜である。パリの最上級レストランのディナーを再現する席に招かれたのは村の人々と村出身のなんとか将軍。この将軍にしかメニューの素晴らしさが解らないという設定になっていてそれがたまらん。各料理には其々にワインが異なり、パペットがアシスタントの少年にそれをいちいち指示する様子がたまらん。料理は別段豪華絢爛というわけでは無く、トリフやキャビアなんかをふんだんに使って味で勝負している様が手に取るように解るのもたまらん。勿論こうした場面以外にも表面的ではあるが寒村の人々をサラリと描いていて心温まる仕上げに成っておる。つまりは大人の寓話なんであります。傑作と言ってよいでしょう。
 余談ではあるが北浜の三越劇場でこの作品が公開されたおり、劇場に隣接するレストランでは毎日先着10名に限り映画と全く同じメニューを確か3万円くらいで提供していた記憶がある。それも今は昔の事と成って仕舞ったのであるが。
(尚、2012年現在北浜の三越も既に無く、本当に今は昔の物語となって仕舞ったのだ)
スポンサーサイト

テーマ : お気に入り映画
ジャンル : 映画

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

JASON

Author:JASON
はじめまして。JASONと申します。ホラー映画が大好きで放映される作品は大概録画して観ています。時間が許せば劇場にも足を運びますが、ことホラー映画に関して言えば米国で公開された数の十分の一くらいしか我が国で公開されないのが残念です。因みにハンドルネームのJASONは御存じ13金のシリーズから取ったものです。さて小生の他の趣味ですが楽器では習い事レベルですが、クラシックのヴァイオリンとジャズピアノを奏します。またカクテルに興味があり、冬はマンハッタン、夏はマルガリータなどを作って楽しんでいます。更に ホームページギャラリー「チェリーとジャンヌ」を公開中です。黒猫チェリーと白猫ジャンヌが登場するイラストストーリーとギャラリーの二本立てになっています。見て頂いた方々のご感想や意見交換などをホームページつくりに反映していきたくよろしくお願いします。なお、URLはhttp://parnassum.web.fc2.com/です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード