カルトQ

(JASON通信アーカイブ その6)
カルトQ(1992年3月付)
 異色のクイズ番組。以前は深夜に放映されていたという。クイズ番組といえば昨今は芸能人が出演し、レポーターが海外に出掛けて行き、この品物は何でしょう形式みたいなまあ他愛の無いヤツとか、大陸横断ウルトラクイズと称するモンとか、正解がごく一般的なものが多かった様に思う。しかし、一億総オタク化した今、そんな生ヌルイ問題では皆の衆が承知しなくなってしまった。いわば、超マイナーな問題とオタク族との対決、これがキーワードなんである。つまり「マイナー志向」が市民権を獲得しつつあるのだ。
 さて本題の「カルトQ」である。毎回テーマが決まっており、予選まで行われるという盛況ぶりである。テーマは「デパート」「ラーメン屋」というごく一般的な題材(これは東京周辺に限っているのがイマイチなんであるが)から、ついに出ました「サンダーバードファミリィ」(これはゲーリィ&シルビア・アンダーソンが生み出したスーパーマリオネーション作品、即ち「スーパーカー」「宇宙船XL-15」「スティングレイ」「サンダーバード」「キャプテンスカーレット」「ジョー90」と実写作品「謎の円盤UFO」「スペース1999」を指す)とか、「手塚治」とか、いかにもと言った場合など様々。当然回答者もフツーらしい人(?)とアブナイ人種とに大別される。サンダーバードでは異常な中学3年生に番組は乗っ取られたし、つまりは出題者と回答者の激しいバトルでもあるのだ。問題が出され回答がされる。と同時に司会者が何も言わなくても回答者達が回答の解説をとうとうと始めるのである。もう番組はハチャメチャに展開して誠に面白い。オタク族の井戸端会議なんである。
 と思えばまた、「エルビス・プレスリー」の回では「レコードBlue Hawaiiに収録されている曲目を全部答えなさい」という超難問に52歳の主婦がゆっくりと丁寧に全12曲をしかも順番に(!)答え、司会の女の子は感動で目を潤ませてしまうてなジーンとくる場面もあるのだ。とにかく注目のトレンド番組であります。
スポンサーサイト

テーマ : 懐かしいテレビ番組
ジャンル : テレビ・ラジオ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

JASON

Author:JASON
はじめまして。JASONと申します。ホラー映画が大好きで放映される作品は大概録画して観ています。時間が許せば劇場にも足を運びますが、ことホラー映画に関して言えば米国で公開された数の十分の一くらいしか我が国で公開されないのが残念です。因みにハンドルネームのJASONは御存じ13金のシリーズから取ったものです。さて小生の他の趣味ですが楽器では習い事レベルですが、クラシックのヴァイオリンとジャズピアノを奏します。またカクテルに興味があり、冬はマンハッタン、夏はマルガリータなどを作って楽しんでいます。更に ホームページギャラリー「チェリーとジャンヌ」を公開中です。黒猫チェリーと白猫ジャンヌが登場するイラストストーリーとギャラリーの二本立てになっています。見て頂いた方々のご感想や意見交換などをホームページつくりに反映していきたくよろしくお願いします。なお、URLはhttp://parnassum.web.fc2.com/です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード