森の小さな料理店

( JASON通信アーカイブ その5)
森の小さな料理店・MBSスーパーテレビ特集(1992年6月視聴)
 究極のグルメとは何であろうか。世にも貴重な珍味にありつく事だろうか。否である。浜松にある仏料理の店が今回の主人公である。彼(シェフ)は2年先まで予約が詰まっているという現業を打ち捨てて、静岡の山の中に入って仕舞う。彼の望みは唯一つ。新鮮な材料で料理を作る事。勿論、農薬なんて論外である。農家の人々が自ら食べる野菜に農薬を使っていないのは周知の事柄である。そこに目を付けたのである。
 1年間の準備期間を置いて、文字通り山の中の小さなレストランを開店するまでがこの番組の骨子である。まず、近隣の農家の人々に打ち解けなければならない。畑を借りてクレソンを植える。自然環境を利用したヤマメの養殖場を訪ねる。村祭りにも積極的に参加する、等々。有機栽培(即ち、農薬を使わない)のジャガイモと近くの牧場で調達した採れたての牛乳でポテトスープを作り、ジャガイモをくれた農家に持って行く。ついでにレタスのサラダも付ける。そして農家の人にスプーンとフォークの使い方を教える。農家の人は「こんな美味しいモン食べたこたないね」と顔をほころばせる。この辺りはもろ「パペットの晩餐会」であって中々面白い。
 さて、いよいよレストランオープンの日。前菜は「窓からの眺望」である。緑が眩しい。天然のシイタケを挟んだパイ、レストラン裏手の燻製小屋で作った自家製のローストポークのスライスを加えた野菜サラダ、メインディッシュは養殖の「マナゴ」(勿論採れたて)のムニエル。パンは近くにパン屋さんがないからこれも自家製。デザートは朝届いた特大のメロンを刻んだフルーツポンチ。総てが有機栽培、自家製、手作りである。これこそ究極のグルメである。別段高価な材料を使っている訳では無い。ただ食物本来の育ち方をした新鮮な材料というだけである。しかしこうした材料を使った料理がごく自然に食べられる時代はもうとっくの昔に過ぎ去ってしまった。だからグルメなんである。
スポンサーサイト

テーマ : おひとりさまグルメ紀行
ジャンル : グルメ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

JASON

Author:JASON
はじめまして。JASONと申します。ホラー映画が大好きで放映される作品は大概録画して観ています。時間が許せば劇場にも足を運びますが、ことホラー映画に関して言えば米国で公開された数の十分の一くらいしか我が国で公開されないのが残念です。因みにハンドルネームのJASONは御存じ13金のシリーズから取ったものです。さて小生の他の趣味ですが楽器では習い事レベルですが、クラシックのヴァイオリンとジャズピアノを奏します。またカクテルに興味があり、冬はマンハッタン、夏はマルガリータなどを作って楽しんでいます。更に ホームページギャラリー「チェリーとジャンヌ」を公開中です。黒猫チェリーと白猫ジャンヌが登場するイラストストーリーとギャラリーの二本立てになっています。見て頂いた方々のご感想や意見交換などをホームページつくりに反映していきたくよろしくお願いします。なお、URLはhttp://parnassum.web.fc2.com/です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード