季節の音楽(弥生~その6)

季節の音楽(弥生 その6~デュエット/ドリス・デイ&アンドレ・プレビン)
 1961年制作の「デュエット」はライナー・ノーツによれば当時映画俳優としても脂の乗ったドリス・デイとジャズピアニストというよりはそろそろクラシックの指揮者として頭角を現していたアンドレ・プレビンご両人がニューヨークで「密かに」レコーディングしたアルバムという。平たく言えばお互い(大好きな)ジャズをやりたいのだが諸般の事情で難しい環境にあるというところか。
 しかしこの出来栄えはどうだ。1950年代に既に女性ジャズヴォーカリストとして確固たる地位を確保していたドリス・デイの「大人の」歌いまわしと、洗練の極致をいくプレビンのピアノが相まって極めてお洒落で粋なジャズアルバムとなった。
 どの曲も佳曲であるがエンディングの「Falling Love Again」がしみじみとして出色の出来栄え。実は20年以上昔の3月に、とあるFM局が「ホワイトデイ」の特番としてLoveに因んだ曲ばかりを特集したのだが、奇しくもそのエンディングにこの「Falling Love Again」が流れて一発で気に入ってしまったわけ。 
 因みにプレビンという御仁は1950年代はクール・ジャズで名を馳せていたものだが、なぜかその後はクラシックにどっぷりと浸ってしまい、指揮者として大いに評価された。数年前にはN響とも共演しモーツァルトの協奏曲を弾いていたが、更に近年は女流大ヴァイオリニストのアンネ・ゾフィ・ムターと結婚し、彼女の伴奏者としても活躍している。著名な女性アーティストと一緒(競演)になると実力が発揮されるのでありましょうか。
スポンサーサイト

テーマ : JAZZ
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

JASON

Author:JASON
はじめまして。JASONと申します。ホラー映画が大好きで放映される作品は大概録画して観ています。時間が許せば劇場にも足を運びますが、ことホラー映画に関して言えば米国で公開された数の十分の一くらいしか我が国で公開されないのが残念です。因みにハンドルネームのJASONは御存じ13金のシリーズから取ったものです。さて小生の他の趣味ですが楽器では習い事レベルですが、クラシックのヴァイオリンとジャズピアノを奏します。またカクテルに興味があり、冬はマンハッタン、夏はマルガリータなどを作って楽しんでいます。更に ホームページギャラリー「チェリーとジャンヌ」を公開中です。黒猫チェリーと白猫ジャンヌが登場するイラストストーリーとギャラリーの二本立てになっています。見て頂いた方々のご感想や意見交換などをホームページつくりに反映していきたくよろしくお願いします。なお、URLはhttp://parnassum.web.fc2.com/です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード