スーパー8

スーパー8(2011年米国映画)
 S・スピルバーグとJ・J・エイブラムスがタッグを組んだという話題作であります。しかしこのお二人さんのビッグネームを頼りに観にいった方々は(多分)完全にうっちゃられたでありましょう。
 米国片田舎の駅で起きた列車事故から逃げ出した正体不明のクリーチャー(怪物)。たまたま駅で8ミリ映画を撮影していた子供たちのカメラに「それ」は写っていた。なんていう出だしが実は全くワクワクしないのだ。絵空事と判っていてもスピルバーグの「ジュラシック・パーク」やエイブラムスの「スタートレック」の始まりはセンス・オブ・ワンダーに満ち溢れて期待感大なるものがあった筈である。
 この原因は二つある。第一点は「映画を製作する子供たち」という視点である。8ミリを持っていた人は「家族の記録」がその使用範囲の殆どであったと思われる。「映画を製作する」人は極めて稀だった筈である。それは普通の(善良なる)家庭の子供たちが「一般的にすること」なんだろうか?正直言ってJASONはこの楽しみ方に入り込めなかった。つまりこれらのシーンは総て浮いてしまったのだ。都合の悪いことにこの偉大なるフィルムメーカーのお二人さんがその昔にこの8ミリの「楽しみ方」を十分堪能し、それゆえ意気投合してこの作品を企画したという。要はこの8ミリ映画製作のシーンに関しては(お二人さんが)余りに没頭し過ぎた結果、荒っぽい表現になってしまったのだ。子供たちの演技が自然体で素晴らしいのが裏目に出た感じである。8ミリ映画製作のシークエンスはもっと拘って、オタクっぽく、怪しく、危なく作って欲しかった。
 原因の第二点は映画の基本である「対決の構図」が不明瞭なことである。子供たちが善人であるとして、では悪役は誰なのか。唐突に現れる軍隊?クリーチャー?それともエリア51の陰謀?と訳が判らないのであります。一方、破壊シーンはこの強力コンビのお家芸ともいうべき内容だから実に素晴らしい。列車事故からラストの宇宙船?までの破壊破滅シーンの数々は実に丁寧に作りこまれている。しかしその破壊シーンそのものが子供たちの映画製作を中心としたストーリーの中核とどうしても違和感が生じてしまうのだ。思い切って子供たちを「悪ガキ」かなんかに設定した方がお話にリアル感が出たかも知れぬ。ファンとしては失望するしかない作品であります。
スポンサーサイト

テーマ : 特撮・SF・ファンタジー映画
ジャンル : 映画

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

JASON

Author:JASON
はじめまして。JASONと申します。ホラー映画が大好きで放映される作品は大概録画して観ています。時間が許せば劇場にも足を運びますが、ことホラー映画に関して言えば米国で公開された数の十分の一くらいしか我が国で公開されないのが残念です。因みにハンドルネームのJASONは御存じ13金のシリーズから取ったものです。さて小生の他の趣味ですが楽器では習い事レベルですが、クラシックのヴァイオリンとジャズピアノを奏します。またカクテルに興味があり、冬はマンハッタン、夏はマルガリータなどを作って楽しんでいます。更に ホームページギャラリー「チェリーとジャンヌ」を公開中です。黒猫チェリーと白猫ジャンヌが登場するイラストストーリーとギャラリーの二本立てになっています。見て頂いた方々のご感想や意見交換などをホームページつくりに反映していきたくよろしくお願いします。なお、URLはhttp://parnassum.web.fc2.com/です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード