パウル・クレー展 おわらないアトリエ

パウル・クレー展 おわらないアトリエ(東京国立近代美術館)
 地下鉄東西線竹橋駅の改札口を出ると、駅係員(と思われる)の「だみ声」が響く。「え~クレー展のチケットはこちら~」と。早速求めて「今、混んでるかね」と聞くと「そろそろ混みだしたかな」と素っ気ない返事。つまり全く確認していないわけ。しかしここでチケットを買ったのは正解だった。美術館のチケット売り場は結構並んでいたからだ。
 さてJASONにとっては1996年の大阪は大丸ミュージアム以来実に15年ぶりのクレー展である。今回は副題の「おわらないアトリエ」にあるように作品が出来るまでのプロセスを主に紹介している。それには原画を初めとして様々な材料が必要なのだが、これが結構完備しているのだ。元々自分の作品をアトリエに大量に展示(これは保管に非ず)している程だから、そうしたコンセプトにも耐えられるのかも知れぬ。常に自分の作品を分析することが次の創作へのステップとなっていたのであろう。結果的には今彼の作品を鑑賞する側にとっては大変なサービス精神となっているといって良い。また作品だけでなく展示方法にひと工夫あるのも彼の特徴のようだ。
 クレーの作品に具象画は殆ど無いが、キュビズムやシュールレアリスムの如き絵画から記号、模様、点描、など実に多種多様である。正に捉えどころが無く、ひたすら悩みぬいている状況なんだと勝手に思う。対象を分割変容させて再構成する(例えば人物を花や非現実的な形として・・)までは良いのだが、次には新しい形の(例えば)「線」に拘りだすのだ。そしてその「線」は無限に広がりだし、完全に制御できなくなる・・・その結果が多分作品なのだろう。
 こうしたプロセスは実は先の「作品が出来るまで」では解明されない。何故ならそのプロセスは単に物理的な材料で再構成しただけだからだ。つまりクレーの創作の秘密は全く解明されて終わっていないのだ。ここにこの展覧会の欲求不満が大いにある。いや、実のところ秘密はそのままにして彼の「悩み」を味わうのが本来の鑑賞方法なのだろう。カンバスに向かって線を描くとしたらどうするか?みたいな問答こそが彼の真骨頂なのかも知れない。
 尚、晩年に追求した有名な「天使シリーズ」は今回は全く展示されていないのでご注意を。
期間は5月31日~7月31日。東京国立近代美術館 一部作品の入れ替えがあるそうです。
スポンサーサイト

テーマ : 美術館・博物館 展示めぐり。
ジャンル : 学問・文化・芸術

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

パウル・クレー おわらないアトリエ/東京国立近代美術館 ~ 7月31日まで

 学生時代の初めに教養文庫の「近代世界美術全集」の第8巻『幻想の絵画』を読んだのが、ぼくの美術好きの始まりだった。  この本の巻末写真にクレーの絵は「開花」「蛾の踊り ...

コメントの投稿

非公開コメント

見てきました

7月1日金曜日に見てきました。空いていました。JASONさんはたぶん土日だったのでしょう。近代美術館は土日でも混まない、という先入観を持っていましたが、さすがクレーは違いますか。
おもしろい展示でしたが、どことどこが繋がっているのかわかりにくく、見逃したものはないかと、一通り見た後うろうろしました(笑)
1996年の大阪ですか。たとえ東京であっても、その頃は土日なし、正月なしの毎日がセヴン・イレブンで、仕事以外何もしてなかったですね。
というわけだから、このようにまとまってクレーを見ることができたのは初めてです。だいたい数枚ずつくらいしか見ていないので、このような見方をできたのも初めて。
所蔵品展ではキュレーターの方の説明まで聞きまして、有意義な1日でした。

三回目

ディックさん

JASONです。
コメントありがとうございます。

小生はクレー展はこれで都合3回目です。
第一回は大学生の頃であの「天使シリーズ」に感動した
ものです。
随分と大昔の話ですが・・・。
プロフィール

JASON

Author:JASON
はじめまして。JASONと申します。ホラー映画が大好きで放映される作品は大概録画して観ています。時間が許せば劇場にも足を運びますが、ことホラー映画に関して言えば米国で公開された数の十分の一くらいしか我が国で公開されないのが残念です。因みにハンドルネームのJASONは御存じ13金のシリーズから取ったものです。さて小生の他の趣味ですが楽器では習い事レベルですが、クラシックのヴァイオリンとジャズピアノを奏します。またカクテルに興味があり、冬はマンハッタン、夏はマルガリータなどを作って楽しんでいます。更に ホームページギャラリー「チェリーとジャンヌ」を公開中です。黒猫チェリーと白猫ジャンヌが登場するイラストストーリーとギャラリーの二本立てになっています。見て頂いた方々のご感想や意見交換などをホームページつくりに反映していきたくよろしくお願いします。なお、URLはhttp://parnassum.web.fc2.com/です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード