東北関東大地震の体験(その3~10日経ち)

東北関東大地震の体験(その3~10日経ち)
 3月15日(火)の夜には今度は静岡県で震度5強の地震が発生し、関東でも震度3とかなり揺れた。たび重なる余震で疲弊している身には堪えた。この地区での余震も追加された訳で、三陸、中越、静岡のトリオで責め立てられたのだ。因みに加入している携帯電話会社には地震発生後ただちに知らせるサービスがあるのだがこれが精度が結構低い。大した揺れでもなかったり、かなりの余震でも知らせがなかったりとちぐはぐ。更にこうしたサービスが事前に余震の恐怖をかなり盛り上げてくれるものだから大変だ。オフィスにはこの(恐怖の)サービスの着メロを自らの呼出し音に使っている輩もいて時々ドキッとしてしまう。
 そうこうしているうちに二度目の休日を向かえ、都心のデパートに買い物に出掛けた。地下の食品売り場は大変な混雑だがいつもより品物の量が多い。この時とばかりに仕入れたものなのであろう。一方、近所のスーパー(駅に近い)では逆にトイレット・ペーパーや牛乳が全く無い。一人一個に制限されても開店と同時に売り切れてしまうらしい。それで駅から程遠い大型スーパーに行くと牛乳は入手できたし他の食材もまあまあ揃っていた。お米は品切れだったが、格安酒屋さんにはあった。とまあ探せば色々ありそうである。幸いJASONは下町に住み暮らしているためか周辺には一般の商店が多い。特に手作りの豆腐なんか初体験ながら相当に美味しく価格もリーズナブルであった。
 この三連休は計画停電は無い(と思われる)ようだが、明日からはまた厳しい現実がスタートする。このままいけば原発事故と電力不足は首都圏に深刻な影響を齎すであろう。特に夏場は首都圏全域で計画停電の予想すら出ているほどだ。因みに原発事故に関する発表や報道に胡散臭いものを感じて信憑性を疑う声が大きい。しかし発表には個人情報以上の慎重な配慮もまた必要なことなのだ。現場での様々な対応よりもそうした発表の「匙加減」が相当稚拙だと思わざるを得ない。ここ消防庁が登場してからはかなり改善されてはいるようだが。
 さて昨今の日本経済(というか日本そのもの)の状態を診ると、明らかに老齢期に入ってきているのが分かる。JASONは老齢期に入っている身だから分かるのだが、決して30代、40代には戻れないのだ。我が国とて同じなのだが、一部には過去の日本経済の発展が再びやってくると信じている輩が居るのは誠に遺憾である。今できることは身体同様に「歳をとるのを遅らせること」或いは「生まれ変わり」しかあり得ない。そして今回の震災により原発という「不治の病」が発覚したわけだ。歳とって癌が発生したようなものだろう。癌で直ぐに死ぬ人もいれば、そのまま生き長らえる人も居る。それはこれからの我々の生き方、処し方に掛っている(この項一応終わり)
スポンサーサイト

テーマ : 東北地方太平洋沖地震
ジャンル : 日記

コメントの投稿

非公開コメント

No title

朝「パンをもう一枚」と言ったら「足りないからバナナ」という日がありました。牛乳が切れた日もありました。ガソリンは当分無理、と諦めました。
チェーン店のある大スーパーは品薄で、比較的小規模なところに商品が揃っていたり…。
12日に予定していた法事は21日に終えました。
原発はどうなることやら…。

No title

ディックさん

JASONです。

コメントありがとうございます。

コンビニにおにぎりなんかが戻ってきたと思ったら
今度はミネラルウオーターが超品切れとか。

しかし今日は水の危険性は納まってたとか。

政府の発表には広報マインドゼロですね。
プロフィール

JASON

Author:JASON
はじめまして。JASONと申します。ホラー映画が大好きで放映される作品は大概録画して観ています。時間が許せば劇場にも足を運びますが、ことホラー映画に関して言えば米国で公開された数の十分の一くらいしか我が国で公開されないのが残念です。因みにハンドルネームのJASONは御存じ13金のシリーズから取ったものです。さて小生の他の趣味ですが楽器では習い事レベルですが、クラシックのヴァイオリンとジャズピアノを奏します。またカクテルに興味があり、冬はマンハッタン、夏はマルガリータなどを作って楽しんでいます。更に ホームページギャラリー「チェリーとジャンヌ」を公開中です。黒猫チェリーと白猫ジャンヌが登場するイラストストーリーとギャラリーの二本立てになっています。見て頂いた方々のご感想や意見交換などをホームページつくりに反映していきたくよろしくお願いします。なお、URLはhttp://parnassum.web.fc2.com/です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード