ピアニスト・ヘブラーの芸術

ピアニスト・ヘブラーの芸術
 先週日曜日(1月23日)の朝にNHK-FMのクラシック番組「名演奏ライブラリー」で女流ピアニストのイングリット・ヘブラーを特集した。ヘブラーというピアニストはクリアーで清廉な音色を特徴とし主にモーツアルトの作品を得意としていた。1960年代に録音されたモーツァルトのピアノソナタや協奏曲のアルバムは当時ある意味「定番」といっても良い存在であった。
 この日はそうしたモーツァルトのソナタやシェリングとのヴァイオリンソナタ、シューマンの協奏曲、シューベルトのアンプロンプチュなどが紹介されたが、最後がハ短調のピアノ協奏曲24番K491。これはNHKアーカイブによる2001年の来日のライブ録音であって、彼女の千変万化なアドリブ(というと語弊があるやもしれぬが)が堪能できる超名演であった。特に第二楽章は各旋律の終わりに入れるフェイクが素晴らしく、いわば「技が決まっていた」のである。この時彼女は75歳であったという。是非CD化をお願いしたいものだ。
 小生はこれより前1996年頃の来日のリサイタルのライブをやはりNHK-FMで聞いたことがあった。それはモーツァルトの有名なK331の「トルコ行進曲付」のピアノソナタだったのだが余りの素晴らしさに夕食の箸を止めて暫し没頭してしまった記憶がある。つまり音楽の作り方に妙があり、極めて自然にモーツァルトの世界に引き込まれてしまい、結果として大きな感動をもたらすことに成功していたのだ。それは思い入れたっぷりのL・クラウスやシンプルなタッチのW・ギーゼキングとはモーツァルトへのアプローチが全く異なっている。そして前述のK491の演奏にもそのスピリットが十二分に生かされていたように思う。
 さてこの名演奏ライブラリーでは司会者が最近は来日の予定が何度かキャンセルになったことを告げていたが、よく考えれば御歳85歳ということであるから無理からぬことかもしれない。
スポンサーサイト

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

JASON

Author:JASON
はじめまして。JASONと申します。ホラー映画が大好きで放映される作品は大概録画して観ています。時間が許せば劇場にも足を運びますが、ことホラー映画に関して言えば米国で公開された数の十分の一くらいしか我が国で公開されないのが残念です。因みにハンドルネームのJASONは御存じ13金のシリーズから取ったものです。さて小生の他の趣味ですが楽器では習い事レベルですが、クラシックのヴァイオリンとジャズピアノを奏します。またカクテルに興味があり、冬はマンハッタン、夏はマルガリータなどを作って楽しんでいます。更に ホームページギャラリー「チェリーとジャンヌ」を公開中です。黒猫チェリーと白猫ジャンヌが登場するイラストストーリーとギャラリーの二本立てになっています。見て頂いた方々のご感想や意見交換などをホームページつくりに反映していきたくよろしくお願いします。なお、URLはhttp://parnassum.web.fc2.com/です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード