ブラームスのヴァイオリン協奏曲のライブ中継

ブラームスのヴァイオリン協奏曲のライブ中継
 先月下旬の24日と25日にNHK-FMで生中継された演奏会が非常に興味深かったのでここにその感想を含めてレポートしてみたい。
 先ずは24日の第1687回NHK交響楽団の定期演奏会で場所はサントリー・ホールである。ソリストにはヴェロニカ・エーベルレを迎え、指揮はマルクス・シュテンツ。このエーベルレのヴァイオリンが滑らかというか妖艶というか、誠に素晴らしい演奏で暫し利き惚れてしまった。またアンコールのプロコフィエフのソナタからの楽章も歌に溢れた感動的な名演であった。尚、翌25日にも同一場所で同一プログラムが演奏されたという。
 さて次なる生中継は翌日25日で場所は何故かNHKホール。今度はソリストがジャニーヌ・ヤンセンで指揮がパーヴォ・ヤルヴィのドイツ・カンマーフィルハーモニィ。ヤンセンの演奏は極めて野生的である。ヴァイオリンと戦っているようなブラームスとでも言おうか。それがまた曲の本質を顕わにしていて興味深い。
 というわけでこの全くコンセプトの異なる演奏を比較して(両者とも女性ヴァイオリニストであってしかも生中継で)聴けた体験は非常に貴重であった。聞けばここでも前日の24日にも同一プログラムを演奏しているという。つまりこの2日間に4回も都内でブラームスのヴァイオリン協奏曲が集中して演奏されたわけでこのシンクロニシティは一体全体何なんであろうか?過去ジネット・ヌブーという女流ヴァイオリニストの演奏がこの曲の定番であったから女性ヴァイオリニストの起用というのは分るが・・・。
スポンサーサイト

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

JASON

Author:JASON
はじめまして。JASONと申します。ホラー映画が大好きで放映される作品は大概録画して観ています。時間が許せば劇場にも足を運びますが、ことホラー映画に関して言えば米国で公開された数の十分の一くらいしか我が国で公開されないのが残念です。因みにハンドルネームのJASONは御存じ13金のシリーズから取ったものです。さて小生の他の趣味ですが楽器では習い事レベルですが、クラシックのヴァイオリンとジャズピアノを奏します。またカクテルに興味があり、冬はマンハッタン、夏はマルガリータなどを作って楽しんでいます。更に ホームページギャラリー「チェリーとジャンヌ」を公開中です。黒猫チェリーと白猫ジャンヌが登場するイラストストーリーとギャラリーの二本立てになっています。見て頂いた方々のご感想や意見交換などをホームページつくりに反映していきたくよろしくお願いします。なお、URLはhttp://parnassum.web.fc2.com/です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード