季節の音楽(霜月その2)

季節の音楽(霜月その2)
 今回は「ワルター・ギーゼキング演奏によるモーツァルト・ピアノソナタK570」を採りあげる。
 この霜月は何故かギーゼキングとの出会いが多い。既に大学の学園祭のレコードコンサートでドュビッシーに感動したばかりの頃、折りしもNHK-FMが毎朝放送している名演奏家シリーズで一週間ギーゼキングを特集した。これはと思い、毎日オープンデッキに留守録音したものだ。とは言うものの毎日2時間程度の番組だったのでギーゼキングの録音のごく一部しか聴けなかったのも事実である。モーツァルトに限って言えば1時間程度であったろうか。それでも既に「ギーゼキングのモーツアルトは絶品」などと耳学問では色々情報を仕入れていたので、初めて聞く時の“ときめき”は今でも鮮明に覚えている。そしてそれがソナタ16番K570なのであった。曲はゆったりとした出だしの第一楽章から始まり、まるで協奏曲の如き愛らしい展開の第二楽章を経て圧倒的なフィナーレで終わる。こうした名曲をギーゼキングの“玉を転がすような美音”で聴けたときの喜びもまた忘れがたい。
 この時はモーツァルトの曲をもう一曲放送しており、それは「アレグロの主題による変奏曲K500」であった。これもまた変奏曲の楽しさを教えてくれる素晴らしい演奏であった。思えばこのような選曲をした番組スタッフもまた“訳の分った”人間だったのであろう。こうして小生はこの年(1970年)の霜月を以って紛れも無いギーゼキングファンになってしまった。蛇足ながらこの頃に日比谷のピッザ店(モーツァルトだったかも)でこの曲が流れてきた際、食べるのを忘れて暫し聞き入ってしまった経験がある。もう40年近くも昔のことであるが。
スポンサーサイト

テーマ : クラシック音楽
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

No title

そういうことなら、入手が可能であればギーゼキングを…。
>大学の学園祭のレコードコンサートでドュビッシーに感動したばかりの頃…
学生時代ならね、余裕があるから。金融マン時代はとてもとても…、あのような調子の曲を時間をかけて聴くという心の持ち方ができなかったです。
あれから40年を経て、ぼくはまた学生時代と同様のところへもどってきました。

CDナンバー

ディックさん

JASONです。

コメント有難うございます。

結局学生時代の体験がその後の趣味・道楽を決める
ことになるのでしょうね。
小生の場合は音楽にしろ絵画にしろ全くその路線で
今に至ってますから。
勿論、これからも・・・・・。

それではギーゼキングのCDナンバーを紹介します。

ドュビッシー前奏曲1&2・・・CDM9659312(EMI Classics)
ドュビッシー全集(4枚組み)・・・CHS5658552(EMI)
モーツァルトK570他・・・TOCE-14210(EMI MUSIC Japan)

1950年代のモノラル録音ですので音質は劣りますがその
玉を転がすような佇まいは十分に堪能できます。
ということなのでCDの価格はかなり安いです。

No title

amazonでモーツァルトのソナタ16番を注文しました。

(ところで、新住所等、メールお願いいたします)

いいですねぇ

ギーゼキングのモーツァルトのソナタ、15~17番のCDを今朝から聴いております。
これは素晴らしい。ご紹介ありがとうございました。

ギーゼキング

 ディックさん

 JASONです。

 ギーゼキングが気に入って頂けて良かったです。

 これを機会に他のモーツァルトのソナタや
 ドュビッシーなども是非聴いてみてください。
プロフィール

JASON

Author:JASON
はじめまして。JASONと申します。ホラー映画が大好きで放映される作品は大概録画して観ています。時間が許せば劇場にも足を運びますが、ことホラー映画に関して言えば米国で公開された数の十分の一くらいしか我が国で公開されないのが残念です。因みにハンドルネームのJASONは御存じ13金のシリーズから取ったものです。さて小生の他の趣味ですが楽器では習い事レベルですが、クラシックのヴァイオリンとジャズピアノを奏します。またカクテルに興味があり、冬はマンハッタン、夏はマルガリータなどを作って楽しんでいます。更に ホームページギャラリー「チェリーとジャンヌ」を公開中です。黒猫チェリーと白猫ジャンヌが登場するイラストストーリーとギャラリーの二本立てになっています。見て頂いた方々のご感想や意見交換などをホームページつくりに反映していきたくよろしくお願いします。なお、URLはhttp://parnassum.web.fc2.com/です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード