ルロイ・アンダーソンの音楽

ルロイ・アンダーソンの音楽
 毎週日曜日はその他のテーマということで今回はルロイ・アンダーソンの音楽を取り上げたい。四月のFM番組で白石何某のピアノ演奏でアンダーソンの曲を幾つか聞いたのだが、これが何時ものオーケストラとは違った味わいがあるだけでなく、ピアノという一つの楽器で奏でられたアンダーソンの音楽が大袈裟に言えば“その真髄”が浮き彫りにされていて実に興味深かった。そこで楽譜屋に行くとアンダーソン自身の編曲によるピアノ譜があったので早速ゲット。
 さてアンダーソンの音楽は「タイプライター」「シンコペイデット・クロック」「舞踏会の美女」「セレナータ」「ブルータンゴ」「ワルツィング・キャット」「トランペット吹きの休日」など実に楽しい雰囲気に溢れている。どれもがその昔(ラジオの時代)に番組のテーマ曲だったり、CMの挿入曲だったり、“いつかどこかで”聞いたことのあるものが多い。しかも曲には時計やタイプライターの音、犬の吠える声、など実際の音を使い、“表現音楽”としても優れていた。またジャズ、クラシック、ポピュラーの世界を縦横無尽にクロスオーヴァーしてしまう感覚も素敵である。
 レコードはアーサー・フィードラー指揮のボストンポップスのものが最右翼だそうだが、JASONはアンダーソン自らが指揮をしたものが気に入っている。アナログそのものの音色が何故か曲想に一番マッチしていると思われるからだ。

スポンサーサイト

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

JASON

Author:JASON
はじめまして。JASONと申します。ホラー映画が大好きで放映される作品は大概録画して観ています。時間が許せば劇場にも足を運びますが、ことホラー映画に関して言えば米国で公開された数の十分の一くらいしか我が国で公開されないのが残念です。因みにハンドルネームのJASONは御存じ13金のシリーズから取ったものです。さて小生の他の趣味ですが楽器では習い事レベルですが、クラシックのヴァイオリンとジャズピアノを奏します。またカクテルに興味があり、冬はマンハッタン、夏はマルガリータなどを作って楽しんでいます。更に ホームページギャラリー「チェリーとジャンヌ」を公開中です。黒猫チェリーと白猫ジャンヌが登場するイラストストーリーとギャラリーの二本立てになっています。見て頂いた方々のご感想や意見交換などをホームページつくりに反映していきたくよろしくお願いします。なお、URLはhttp://parnassum.web.fc2.com/です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード