季節の音楽(水無月その2)

季節の音楽(水無月その2)
(水無月その2)はヘンデルのヴァイオリンソナタ集(アルトゥール・グルミオー)を採りあげる。先々月のこの欄で採りあげたヘンデルの作品1「独奏楽器と通奏低音の為のソナタ集」のうち弦楽器用に作曲された(と思われる)作品が6曲あり、これが現在ヴァイオリンソナタとして良く知られ演奏されている。今世紀初頭の偉大なヴァイオリニストたち、例えばミッシャ・エルマンなんかは第四番を得意としていたと伝えられる。しかるに全集レベルのアルバムとなると殆ど無く、アンリ・テミアンカのヴァイオリン、ジョージ・マルコムのハープシコードの組み合わせが1960年代初めにリリースされたらしい。「らしい」と言ったのはFM放送で少しだけ聴いた記憶があるからだ。
 曲に関して言えば小生がヴァイオリンを習い始めた頃にお弟子さんの一人がよく練習していたのが第六番、また小生がヴァイオリンのお稽古を終了しようとした中学三年生の時に弾いていたのは第三番、と言う訳でかなりの親しみを抱いている。そんな中1968年にリリースされたのがアルトゥール・グルミオーのヴァイオリン、ロベール・B・ラクロアのチェンバロというコンビのアルバムであった。勿論全六曲が収められており、グルミオーの艶やかな音色がヘンデルの華やいだ曲想にぴったりマッチした名盤である。このアルバムを入手したのが6月ごろであり、以来擦り切れるほど聴いたものだ。
スポンサーサイト

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

JASON

Author:JASON
はじめまして。JASONと申します。ホラー映画が大好きで放映される作品は大概録画して観ています。時間が許せば劇場にも足を運びますが、ことホラー映画に関して言えば米国で公開された数の十分の一くらいしか我が国で公開されないのが残念です。因みにハンドルネームのJASONは御存じ13金のシリーズから取ったものです。さて小生の他の趣味ですが楽器では習い事レベルですが、クラシックのヴァイオリンとジャズピアノを奏します。またカクテルに興味があり、冬はマンハッタン、夏はマルガリータなどを作って楽しんでいます。更に ホームページギャラリー「チェリーとジャンヌ」を公開中です。黒猫チェリーと白猫ジャンヌが登場するイラストストーリーとギャラリーの二本立てになっています。見て頂いた方々のご感想や意見交換などをホームページつくりに反映していきたくよろしくお願いします。なお、URLはhttp://parnassum.web.fc2.com/です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード