発表会の曲(第15回)

(第15回 メリークリスマス・ベイビィ)
 作曲者チャーリーズ・ブラウンは1940年代に米国はミシシッピィあたりで活躍した黒人プレーヤーらしい。レイ・チャールズの自伝的映画「レイ」では若きレイが録音や演奏会の合間に彼の曲を弾いている場面が出てくる。当時はかなりの有名人だったようだ。
 ブルースの構成を採っているが、基本コンセプトは今風のラップの如く「語り」である。これをラムゼイ・ルイスが1960年代のクリスマス・アルバムに採り上げたのだが、もうコテコテの演奏で一発で虜になってしもうた。ご存知「ジ・インクラウド」で一躍時代の寵児となった彼の黒いフィーリングが堪らない。
 で、楽譜などは無いので採譜から始まったのだが、音が細かく詰め込まれており、解読するのが結構大変であった。メロディやコードは極めてシンプルなのだが、音の無い「間」とか(同一音を)細かく打鍵するとかに「ソウル」が必要なわけで、機械的に弾ける(弾けたとして)だけではあかんのである。
 テーマがあり、アドリブでコテコテに展開し、そのまま盛り上げ、最後はキメ節で終わるという展開はモーツァルトの変奏曲によくあるパターンそのもの。しかしポピュラーミュージックの場合も実は全く同一であることに気が付いて大げさに言えば愕然としたものである。
スポンサーサイト

テーマ : 楽器
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

JASON

Author:JASON
はじめまして。JASONと申します。ホラー映画が大好きで放映される作品は大概録画して観ています。時間が許せば劇場にも足を運びますが、ことホラー映画に関して言えば米国で公開された数の十分の一くらいしか我が国で公開されないのが残念です。因みにハンドルネームのJASONは御存じ13金のシリーズから取ったものです。さて小生の他の趣味ですが楽器では習い事レベルですが、クラシックのヴァイオリンとジャズピアノを奏します。またカクテルに興味があり、冬はマンハッタン、夏はマルガリータなどを作って楽しんでいます。更に ホームページギャラリー「チェリーとジャンヌ」を公開中です。黒猫チェリーと白猫ジャンヌが登場するイラストストーリーとギャラリーの二本立てになっています。見て頂いた方々のご感想や意見交換などをホームページつくりに反映していきたくよろしくお願いします。なお、URLはhttp://parnassum.web.fc2.com/です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード