季節の音楽(弥生~その4)

季節の音楽(弥生 その4~デーリアスの音楽)
 イギリス人、フレデリック・デーリアスは近代の作曲家なのでその生活などが比較的良く知られている。曲者(くせもの)監督ケン・ラッセルによって映像化もされ、それによれば晩年はかなり狂気に満ちた人生を送ったようである。
 曲想は取りとめも無いと言ったら良いのだろうか、果てしない川の流れのようで、思わずそのうねりに身を任せたくなって仕舞う。「春のカッコウを聞いて」「ブルックの市場」などの表題音楽、ヴァイオリン協奏曲などが有名である。何れも「音の緩やかな洪水」といった趣に溢れ、眼前にはターナーの描く広大なイギリスの田園地域が広がるといった感覚に囚われる。
 一歩間違えばイージーリスニングになる部分が確かにあり、実際グレン・ミラーがデーリアスの音楽をこよなく愛したという逸話が残っているほどである。中でも前述の「春のカッコウを聞いて」は正に早春に相応しい温かみに満ちており、この季節ならではの曲である。
 アルバムとしては、録音は古いがサー・トーマス・ビーチャム指揮のロイヤルフィルハーモニイの演奏がベストである。余りに有名な演奏なのでナクソスから廉価版で出ている。
スポンサーサイト

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

JASON

Author:JASON
はじめまして。JASONと申します。ホラー映画が大好きで放映される作品は大概録画して観ています。時間が許せば劇場にも足を運びますが、ことホラー映画に関して言えば米国で公開された数の十分の一くらいしか我が国で公開されないのが残念です。因みにハンドルネームのJASONは御存じ13金のシリーズから取ったものです。さて小生の他の趣味ですが楽器では習い事レベルですが、クラシックのヴァイオリンとジャズピアノを奏します。またカクテルに興味があり、冬はマンハッタン、夏はマルガリータなどを作って楽しんでいます。更に ホームページギャラリー「チェリーとジャンヌ」を公開中です。黒猫チェリーと白猫ジャンヌが登場するイラストストーリーとギャラリーの二本立てになっています。見て頂いた方々のご感想や意見交換などをホームページつくりに反映していきたくよろしくお願いします。なお、URLはhttp://parnassum.web.fc2.com/です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード