季節の音楽(弥生その4)

季節の音楽(弥生その4)
 季節の音楽(弥生その4)はボブ・ジェームスの音楽を採りあげる。ボブ・ジェームスがサウンド・クリエーターとして1970~1980年代のフュージョン界をリードしていたのは間違いのない事実であろう。初期の作品群を見てみると・・・初めて自身のプロデュースによる「ヘッズ」。そして「タッチダウン」。てんとう虫のジャケットで有名は「ラッキー・セブン」。第八作目「H」。アール・クルーとの共演盤「ワン・オン・ワン」。名作「マルコポーロ」が聴ける「フォクシィ・レディ」・・・と、どれをとっても楽しい曲に溢れている。また、共演者が素晴らしい。Saxはデビッド・サンボーンとグローバー・ワシントンJRとをその音色で使い分けているし、ギターは前述のアール・クルーとエリック・ゲイルとこれまた対照的な二人を使っている。ドラムはスティーヴ・ガッド、ベースはウイル・リー等など。これだけで当時、様々な方面で活躍しているミュージッシャンを網羅しているのには全く驚きである。
 このコラムで何度も紹介しているが、1980年初頭に民放FM局があるアーティストにスポットを当てるという番組をオンエアしたのだが、ある年の3月一杯の週末にボブ・ジェームスを特集(時代を鑑みれば初期作品群に限った)したのであった。ボブ・ジェームス自身はその後フォー・プレイやピアノトリオなどアコースティックなフォーマットでの演奏が主流になってしまっているが、この初期の作品群はひたすらハッピーで力強くいつまでも色褪せない貴重な佇まいを持っていて、この頃に愛聴している次第である。
スポンサーサイト

テーマ : JAZZ
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

JASON

Author:JASON
はじめまして。JASONと申します。ホラー映画が大好きで放映される作品は大概録画して観ています。時間が許せば劇場にも足を運びますが、ことホラー映画に関して言えば米国で公開された数の十分の一くらいしか我が国で公開されないのが残念です。因みにハンドルネームのJASONは御存じ13金のシリーズから取ったものです。さて小生の他の趣味ですが楽器では習い事レベルですが、クラシックのヴァイオリンとジャズピアノを奏します。またカクテルに興味があり、冬はマンハッタン、夏はマルガリータなどを作って楽しんでいます。更に ホームページギャラリー「チェリーとジャンヌ」を公開中です。黒猫チェリーと白猫ジャンヌが登場するイラストストーリーとギャラリーの二本立てになっています。見て頂いた方々のご感想や意見交換などをホームページつくりに反映していきたくよろしくお願いします。なお、URLはhttp://parnassum.web.fc2.com/です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード