Twenty Four(その2 障害)

Twenty Four(その2 障害)
 24シリーズの感想印象(その2)は“障害”である。様々な案件を進める上での障害という意味である。主人公ジャック・バウアーは様々な課題に対して“出たとこ勝負”という作戦ばかりでは無い。時として慎重な計画を立てて(時には味方を騙して)事に当たることも多い。そうした計画&実行のプロセスは手際の良さも手伝ってか、この作品の“胸のすく気持ちの良い”シーケンス(過程)だ。ところが、ここにとんでもない障害が生じる。その障害は“悪意”や“偏見”からくるのではないところに問題があってまことに始末に負えぬ。
 典型的な例は「キム」なる娘、「マリリン」なる元恋人?などの“素人女性”が多い。つまり国家的危機には無関係といわんばかりの輩なんである。つまり彼女たちに対応するにはジャックは“素人男性”に戻らねばならないのだ。これではテロ対策も何もあったもんではない。よく公私混同などと言われるが、そうした“素人女性”を救うために国家的危機に必要な部材(ヘリ、車、携帯電話など)を結果的には無断使用することになるのだから尚更である。これらの“障害”が起こるタイミングが実に絶妙なのは脚本が上手いためであろう。思わず笑ってしまうほどなのだから。
スポンサーサイト

テーマ : 海外ドラマ
ジャンル : 映画

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

JASON

Author:JASON
はじめまして。JASONと申します。ホラー映画が大好きで放映される作品は大概録画して観ています。時間が許せば劇場にも足を運びますが、ことホラー映画に関して言えば米国で公開された数の十分の一くらいしか我が国で公開されないのが残念です。因みにハンドルネームのJASONは御存じ13金のシリーズから取ったものです。さて小生の他の趣味ですが楽器では習い事レベルですが、クラシックのヴァイオリンとジャズピアノを奏します。またカクテルに興味があり、冬はマンハッタン、夏はマルガリータなどを作って楽しんでいます。更に ホームページギャラリー「チェリーとジャンヌ」を公開中です。黒猫チェリーと白猫ジャンヌが登場するイラストストーリーとギャラリーの二本立てになっています。見て頂いた方々のご感想や意見交換などをホームページつくりに反映していきたくよろしくお願いします。なお、URLはhttp://parnassum.web.fc2.com/です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード