季節の音楽(如月その1)

 JASONにはその季節によって良く聴く音楽というのがあって、それを月別に発表してみたいと思う次第。先ずは今月(如月~二月)の第一弾はバッハの無伴奏ヴァイオリンの為のソナタとパルティータ(レイチェル・ポッジャー)である。
 バッハの無伴奏ヴァイオリンの為のソナタとパルティータはバッハの作品中でも異彩を放っている。器楽作品の傑作の集中するケーテン時代の真っ只中に作曲されたこの曲集はヴァイオリンという楽器に対するバッハの造詣の深さが如実に反映されている傑作と言って良い。鍵盤楽器と違い複数の和声を表現するという場合は極めて高い技巧が要求されるだけでなく、その結果としてバッハの崇高なる音楽性をも表現するとなるとこれまた相当な演奏技量が要求される。
 JASONが始めてこの作品に出会ったのは小学6年生の秋であった。当時我が家には母のコレクションであったSPレコードがあって中でもエフレム・ジンバリストの奏するバッハのガボットにはいたく心惹かれた記憶がある。つまりこれは無伴奏ソナタの第3番に入ってるガボットであったのだ。その後グルミオー、シゲッティ、シェリングなど様々な演奏を聞いたが、いずれも秋の夜長に空気の爽やかさと共に聴き漁るというパターンであった。
 しかるに2000年の初めにレイチェル・ポッジャーなるバロック・ヴァイオリンの演奏を聴いてすっかり心酔して仕舞った。ピリオド楽器ながら演奏は極めてモダンであって、何よりそのビート感覚が素晴らしい。輸入盤CDでしか入手出来ないため新宿のTower Recordのクラシック売り場では毎日の如く流されていたと記憶する。ブログや掲示板によればその流されていた演奏で金縛りにあった輩も居たそうな。とにかく2月に体験したのでこの季節になるとポッジャーの演奏で楽しむことが恒例となって仕舞った訳である。

スポンサーサイト

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

JASON

Author:JASON
はじめまして。JASONと申します。ホラー映画が大好きで放映される作品は大概録画して観ています。時間が許せば劇場にも足を運びますが、ことホラー映画に関して言えば米国で公開された数の十分の一くらいしか我が国で公開されないのが残念です。因みにハンドルネームのJASONは御存じ13金のシリーズから取ったものです。さて小生の他の趣味ですが楽器では習い事レベルですが、クラシックのヴァイオリンとジャズピアノを奏します。またカクテルに興味があり、冬はマンハッタン、夏はマルガリータなどを作って楽しんでいます。更に ホームページギャラリー「チェリーとジャンヌ」を公開中です。黒猫チェリーと白猫ジャンヌが登場するイラストストーリーとギャラリーの二本立てになっています。見て頂いた方々のご感想や意見交換などをホームページつくりに反映していきたくよろしくお願いします。なお、URLはhttp://parnassum.web.fc2.com/です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード