ホームページの裏話(45)

GP01.jpg
ホームページの裏話(45)
 ホームページ「チェリーとジャンヌ2月号」・ネコギャラの“チェリーとジャンヌの子供の領分”から「グラドス・アド・パルナッスム博士」について述べてみたい。「子供の領分」の第一曲である「グラドス・アド・パルナッスム博士」は、ドビュッシーがクレメンティの練習曲「グラドス・アド・パルナッスム」から想を得て作曲したもの。即ち、味気ない練習曲(実際は違うのだが)を“博士”という人物に見立てている訳だ。
 さて、その曲をモチーフとしてピアノの鍵盤を果てしなく続くバベルの塔に見立て、チェリーちゃんが必死で練習曲に挑戦している姿として捉えたと作者は語っている。更にジャンヌちゃん扮する“こわーい先生”がムチを振っているが、このムチは通称「ネコつり(ネコじゃらし)」と言われているもの。つまりこの場合、文字通り“アメとムチ”という訳である。また塔の頂上にあるのはピラミッドで有名なベンベン石でこれは永遠を象徴している。これは“練習には終わりが無い”という過酷な意味合いにも通じるのだ。よって鍵盤だけが、さらに天空へと昇って行くのは当然であろう。
スポンサーサイト

テーマ : イラスト
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

No title

あまり深く考えずに眺めております。
チェリーとジャンヌの魅力って、やはり「動き」でしょうかね。きれいに描けていても動きに乏しい絵というのはたくさんありますが、「動き」が感じられるのがいいですね。
雰囲気は、「節分」とかよりも、やはり洋風のものが似合います。

ホームページ

ディックさん
コメントありがとうございます。

2月号の表紙はネタが無かったので和風となりました。
ご期待に反して暫く和風が続きますが、5月あたりから
思いっきり洋風になる予定ですのでご期待下さい。
プロフィール

JASON

Author:JASON
はじめまして。JASONと申します。ホラー映画が大好きで放映される作品は大概録画して観ています。時間が許せば劇場にも足を運びますが、ことホラー映画に関して言えば米国で公開された数の十分の一くらいしか我が国で公開されないのが残念です。因みにハンドルネームのJASONは御存じ13金のシリーズから取ったものです。さて小生の他の趣味ですが楽器では習い事レベルですが、クラシックのヴァイオリンとジャズピアノを奏します。またカクテルに興味があり、冬はマンハッタン、夏はマルガリータなどを作って楽しんでいます。更に ホームページギャラリー「チェリーとジャンヌ」を公開中です。黒猫チェリーと白猫ジャンヌが登場するイラストストーリーとギャラリーの二本立てになっています。見て頂いた方々のご感想や意見交換などをホームページつくりに反映していきたくよろしくお願いします。なお、URLはhttp://parnassum.web.fc2.com/です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード