ジャズ・パラダイス(スティーヴ・ガッド)

ジャズ・パラダイス(スティーヴ・ガッド)
 ジャズメンの中ではドラマーは怖い顔立ちの人が多い(私見だが)。懸命にリズムを刻んでいる姿は近寄り難く、触ると怪我をしそうなのだ。そんな中でスティーヴ・ガッドはヒゲ面ながら温和な顔立ちをしていると思う。1970年代に「スタッフ」のドラマーとして華々しくデビューを飾った後、各種のセッションドラマーとして引っ張りだことなり、自らのグループ「ガッド・ギャング」を結成し、「ステップス・ア・ヘッド」等のグループを経て、今でも第一線で活躍している。
 彼のドラムの特徴は音の立下りである。立ち上がりは普通なのだが、終わりがバサッというように極めて短時間に切れるのだ。つまりデジタル風とでも言おうか。これがスタッフのビート感覚に合致したという訳だと思う。昨年は「L’Image」なるグループを引っ提げて東京JAZZ2009に参加したしていたのが記憶に新しい。
スポンサーサイト

テーマ : JAZZ
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

JASON

Author:JASON
はじめまして。JASONと申します。ホラー映画が大好きで放映される作品は大概録画して観ています。時間が許せば劇場にも足を運びますが、ことホラー映画に関して言えば米国で公開された数の十分の一くらいしか我が国で公開されないのが残念です。因みにハンドルネームのJASONは御存じ13金のシリーズから取ったものです。さて小生の他の趣味ですが楽器では習い事レベルですが、クラシックのヴァイオリンとジャズピアノを奏します。またカクテルに興味があり、冬はマンハッタン、夏はマルガリータなどを作って楽しんでいます。更に ホームページギャラリー「チェリーとジャンヌ」を公開中です。黒猫チェリーと白猫ジャンヌが登場するイラストストーリーとギャラリーの二本立てになっています。見て頂いた方々のご感想や意見交換などをホームページつくりに反映していきたくよろしくお願いします。なお、URLはhttp://parnassum.web.fc2.com/です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード