ヒットマン(2007年仏米合作)

ヒットマン(2007年仏米合作)
 子供の頃から殺人兵器として訓練されてきた男がロシアの大統領暗殺を頼まれる。しかしそこには色々と訳ありなのであった。といういたってシンプルなお話。
 同名ゲームの映像化ということで殺戮・破壊・スペクタクルシーンはかなり凝っていて見応えもある。しかしながらコンセプトが余りにも薄っぺらである。小生の推察では、このお話(コンセプト)は訓練された非人間的な暗殺者がそれこそ人間味溢れる“世間”と出合ってとまどい、困惑し、意外な方向にお話しが展開してこそ面白いと思うのだが如何なものだろうか。しかるに実際はこの方向性が意外でもなんでもなく、極めて陳腐なのだからそれこれ観ている方が“困惑”してしまうのだ。前述の破壊シーンなどに凝れば凝るほどその隔たりはどんどん大きくなる一方である。これは監督のザヴィエ・ジャンの限界かも知れぬ。制作がヴィン・ディーゼルというからアクションだけに頼ってしまったのかな?
スポンサーサイト

テーマ : アクション映画
ジャンル : 映画

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

JASON

Author:JASON
はじめまして。JASONと申します。ホラー映画が大好きで放映される作品は大概録画して観ています。時間が許せば劇場にも足を運びますが、ことホラー映画に関して言えば米国で公開された数の十分の一くらいしか我が国で公開されないのが残念です。因みにハンドルネームのJASONは御存じ13金のシリーズから取ったものです。さて小生の他の趣味ですが楽器では習い事レベルですが、クラシックのヴァイオリンとジャズピアノを奏します。またカクテルに興味があり、冬はマンハッタン、夏はマルガリータなどを作って楽しんでいます。更に ホームページギャラリー「チェリーとジャンヌ」を公開中です。黒猫チェリーと白猫ジャンヌが登場するイラストストーリーとギャラリーの二本立てになっています。見て頂いた方々のご感想や意見交換などをホームページつくりに反映していきたくよろしくお願いします。なお、URLはhttp://parnassum.web.fc2.com/です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード