スパイメーカー

スパイメーカー(1990年アメリカ映画)
 副題が”The Secret Life of Ian Fleming”というもの。監督はフェルディナント・フェアファックス。主演はジェイソン・コネリー。007の原作者でつとに有名なイアン・フレミングの自伝的冒険物語とでも言えば宜しいのでしょうか。
時代は第二次世界大戦の頃、大富豪の息子であるフレミングは大学教授の奥さんと懇ろになり退学させられる。其の後同様な状況が続き?居場所を転々とするが、結局ロイター通信の記者となりロシア、東欧、などグローバルに大活躍する。これが米軍の情報省(CIA??)の耳に入り諜報部員として採用される。
 てなお話はどうでも良いのであって、随所にちりばめられたエピソードは007そのもの。次から次へと登場する美女、宿敵ナチスの親玉、彼とのギャンブルによる対決、メカに凝った車の暴走劇、シェイクしたドライマテニー、などなど小道具、大道具、悪役、善人、老若男女入り乱れての展開であり、要は現代版「ほら男爵の冒険」であります。クライマックスはご丁寧にもアリステア・マクリーンの「ナバロンの要塞」になったりしてもう大変。このあたりは冒険小説映画のファンなら狂喜してしまう筈。そして幼少の頃から大切にしていた騎士のミニュチュアが最後を締めてくれるのだが、これって当然ボンドに関係した「ナイト(Under Her Majesty)=騎士道」のことなんでしょうなあ。細かい部分にまだまだマニアが思わずニヤリとする場面が続出している筈なのだが、そこまでフォロー出来ておりません。真の007ファンならその原点を見つめられる貴重な作品であります。
スポンサーサイト

テーマ : B級映画
ジャンル : 映画

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

JASON

Author:JASON
はじめまして。JASONと申します。ホラー映画が大好きで放映される作品は大概録画して観ています。時間が許せば劇場にも足を運びますが、ことホラー映画に関して言えば米国で公開された数の十分の一くらいしか我が国で公開されないのが残念です。因みにハンドルネームのJASONは御存じ13金のシリーズから取ったものです。さて小生の他の趣味ですが楽器では習い事レベルですが、クラシックのヴァイオリンとジャズピアノを奏します。またカクテルに興味があり、冬はマンハッタン、夏はマルガリータなどを作って楽しんでいます。更に ホームページギャラリー「チェリーとジャンヌ」を公開中です。黒猫チェリーと白猫ジャンヌが登場するイラストストーリーとギャラリーの二本立てになっています。見て頂いた方々のご感想や意見交換などをホームページつくりに反映していきたくよろしくお願いします。なお、URLはhttp://parnassum.web.fc2.com/です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード