発表会の曲(第12回)

(第12回 ウイート・ランド)
 ご存知オスカー・ピーターソンのカナダ組曲の一曲で、彼のフェイヴァレットである。というのは元々は「カナダ組曲」(マーキュリー原盤)に納められているのだが、その後「グレイト・コネクション」(MPS原盤)に始まり、幻の来日実況版「イン・ジャパン」(日本コロンビア原盤)、そしてシカゴのロンドンハウスでの「ザ・ギフト」(パブロ原盤)とあちこちで録音しているからである。巷では最後のギフト(ジョー・パスのギター、ぺデルセンのベースというザ・トリオ)の評判が高いようだが、小生はグレイト・コネクション(ペデルセンのベース、ジョーンズのドラムス)が気に入っており、アドリブはそこからパクっている。
 オスピーの演奏は超絶テクニックと低音部のブルース・フィーリングがポイントなので相当難易度は高い。メインの旋律はシンプルに聞こえるが実は2声になって展開している。さらにアルベジオで音を繋いでいるので、これらをきちんと弾けないといかんのだ。つまりはクラシックのテクニックをしっかり修得してからでないと駄目なんである。これに気が付いたのは発表会がかなり迫ってからだが、発表会が掟破りの朝の9時からだったのでやや安心して?演奏できた。
 司会の方がウイート・ランドじゃ皆の衆に判らへんと言うから、じゃあ日本語を付けたるわい、となって(小麦の国)を追加した。しかしますます訳の判らない題名になったと思うのだが。曲想から言えば小麦の穂が波立っている広大なカナダの小麦畑なんだから、小麦の大地とでも言ったら良かったのかもと後で思ったものだ。
スポンサーサイト

テーマ : 楽器
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

JASON

Author:JASON
はじめまして。JASONと申します。ホラー映画が大好きで放映される作品は大概録画して観ています。時間が許せば劇場にも足を運びますが、ことホラー映画に関して言えば米国で公開された数の十分の一くらいしか我が国で公開されないのが残念です。因みにハンドルネームのJASONは御存じ13金のシリーズから取ったものです。さて小生の他の趣味ですが楽器では習い事レベルですが、クラシックのヴァイオリンとジャズピアノを奏します。またカクテルに興味があり、冬はマンハッタン、夏はマルガリータなどを作って楽しんでいます。更に ホームページギャラリー「チェリーとジャンヌ」を公開中です。黒猫チェリーと白猫ジャンヌが登場するイラストストーリーとギャラリーの二本立てになっています。見て頂いた方々のご感想や意見交換などをホームページつくりに反映していきたくよろしくお願いします。なお、URLはhttp://parnassum.web.fc2.com/です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード