ハプニング

ハプニング(2008年米国映画)
 月曜日のテーマはホラー映画。本作はホラー的要素が多いのであえて取り上げた次第。さてこれは何かと話題作を作り続けるナイト・シャマラン監督の最新作である。或る日突然に合衆国の東部区域だけに異変が起こる。それは人々が次々と自殺して行くというもの。当然パンデミックが発生し都市機能はマヒする。
 マーク・ウオールバーク演ずる主人公は数学の教師。愛する家族ともども安全な場所を求めて避難の旅に出る。どうやら植物の毒素?が原因らしく木々が風に揺れる様を恐怖として旨く描いている。また自殺などのシーンは乾き、凍りつき、周囲の景色共々“二次元的画面”に溶け込みまるで絵のような印象を受ける。それは正にエルンストのコラージュ・ロマンにも似てシュールレアリスムの絵画と言って良いだろう。シャマラン監督のキャメラは大体長尺なので殊更“動いてない映像”の印象が強くなる。そのコンセプトは分るし、その目的はある程度達成されている。
 しかしである。これはあくまでも“映画”なんである。シャマラン監督は何か勘違いをしているのではないだろうか。だから非常に退屈で冗長な印象しか残らない。地球規模の異変が起こるという設定ならもっと違う(しかも短時間で終わる)アプローチがあったはずである。
スポンサーサイト

テーマ : ホラー映画
ジャンル : 映画

コメントの投稿

非公開コメント

No title

まあ、たしかに冗長ではありますけれど、そのシュルレアリスム風のところを、ぼくは評価するんですがね。
似ていた雰囲気のがありましたね。ヴィレッジとかなんとかそんな題でしたか…。森に囲まれている話。あれも似たような感じでしたが、あちらよりはこちらのほうが、いいかな、と。

No title

ディックさん。コメントありがとうございます。好みというか評価はいろいろだとは思います。ただシャマランの作品は意図が中途半端で映画との共存が難しいかなという印象です。ディックさんの言われる「シュウレアリスム」ということでしたら、チェコのアニメ(ヤン・シュバンクマイケルとか)はお勧めです。
プロフィール

JASON

Author:JASON
はじめまして。JASONと申します。ホラー映画が大好きで放映される作品は大概録画して観ています。時間が許せば劇場にも足を運びますが、ことホラー映画に関して言えば米国で公開された数の十分の一くらいしか我が国で公開されないのが残念です。因みにハンドルネームのJASONは御存じ13金のシリーズから取ったものです。さて小生の他の趣味ですが楽器では習い事レベルですが、クラシックのヴァイオリンとジャズピアノを奏します。またカクテルに興味があり、冬はマンハッタン、夏はマルガリータなどを作って楽しんでいます。更に ホームページギャラリー「チェリーとジャンヌ」を公開中です。黒猫チェリーと白猫ジャンヌが登場するイラストストーリーとギャラリーの二本立てになっています。見て頂いた方々のご感想や意見交換などをホームページつくりに反映していきたくよろしくお願いします。なお、URLはhttp://parnassum.web.fc2.com/です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード