季節の音楽(霜月その3)

季節の音楽(霜月 その3)
 (霜月 その3)はジャック・ルーシェの「プレイ・バッハ」を取り上げる。「プレイ・バッハ」について正確に説明することはなかなか難しい。バッハの曲をジャズってやろうというコンセプトはその発端でしか無く、結果として曲の中にJ・ルーシェの洒落た感覚が満ちていなければならない。この感覚はヨーロッパのジャズに共通するものであって、正にファッションなんであろう。
 さて2000年のゴールドベルク変奏曲が大当たりしたせいか、J・ルーシェの昔のアルバムが翌年11月から次々とCD復刻されたことは誠に喜ばしい限りである。初版のジャケット装丁で#1~4までがリリースされた。一方海外では既にパリ・オランピア劇場の名ライブである#5と6が出ているが我が国では今のところ見送られているようで誠に残念。さて、録音は#1が1959年というから驚く。つまりは相当の年季が入っているという訳。名演「トッカータとフーガ ニ短調」は言わずもがなであるが、むしろ「パルティータ第一番」や「イタリア協奏曲」「2声のインベンション」なんかの方が変幻自在のリズム感があって楽しい。ブロック・コードを多用したどことなく現代音楽風な出だしの後に馴染みの旋律が登場するくだりなんか快調そのものである。  
 ライナーノーツにはルーシェ自身の「回顧エッセイ」が載っており、音楽学校を出たばかりの彼が仏デッカのオーディションを受けに行った際の状況が書かれている。クラシックの小品などをさらりと弾いた後に、冗談半分に奏した「プレイ・バッハ」を聞いた審査官(仏デッカの幹部)は、直ちに「それ買い!」てな調子ですぐさま契約、録音となったものらしい。しかもリリース後ヨーロッパで大ヒット。一躍寵児となったという。我が国でも1965年頃にはLPがリリースされ、かなり有名となった。その頃のレコードマニアの棚には必ずあったものである。面白いのは、例のグレングールドのゴールドベルク(クラシックの方の話です。念のため)が1957年録音にも拘らず我が国に紹介されたのは10年以上後、つまり「プレイ・バッハ」より後になった。そのため、グールドを称して「まるでジャック・ルーシェみたいなビートの効いた演奏」などど紹介されていたのだ。
 この「プレイ・バッハ」も初めて聞いたのが丁度今頃の大学の学園祭であった訳で、この学園祭のレコードコンサートは小生にとって「音楽事始」みたいなもんなのであった。そう言えばこのコンサートに持参されたレコードは殆どが輸入盤であり、そうしたレコードが存在することもその時初めて知ったのであった。
スポンサーサイト

テーマ : JAZZ
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

JASON

Author:JASON
はじめまして。JASONと申します。ホラー映画が大好きで放映される作品は大概録画して観ています。時間が許せば劇場にも足を運びますが、ことホラー映画に関して言えば米国で公開された数の十分の一くらいしか我が国で公開されないのが残念です。因みにハンドルネームのJASONは御存じ13金のシリーズから取ったものです。さて小生の他の趣味ですが楽器では習い事レベルですが、クラシックのヴァイオリンとジャズピアノを奏します。またカクテルに興味があり、冬はマンハッタン、夏はマルガリータなどを作って楽しんでいます。更に ホームページギャラリー「チェリーとジャンヌ」を公開中です。黒猫チェリーと白猫ジャンヌが登場するイラストストーリーとギャラリーの二本立てになっています。見て頂いた方々のご感想や意見交換などをホームページつくりに反映していきたくよろしくお願いします。なお、URLはhttp://parnassum.web.fc2.com/です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード