ジャズ・パラダイス(ウイリス・ジャクソン)

ジャズ・パラダイス(ウイリス・ジャクソン)
 Tokyo Jazzで異質のグループだったのは他でもないルー・ドナルドソンのユニット。つまりサックス、オルガン、ギター、ドラムスというファンキージャズの典型的な構成なのだが、我が国では一部の熱狂的なファン以外にはあまり知られていないジャンルではある。このユニットから聞こえてくる音は何と言うか“香辛料が滅茶苦茶に効いたメキシコ料理”みたいな超過激なシロモノなんである。
 その最右翼と言われるのがサックス奏者ウイリス・ジャクソン。1940年代から活躍し、1980年ころまではレコーディングしていたらしい。特に1977年録音の「Bar Wars」がその典型で、オルガンのチャールズ・アーランド、ギターのパット・マルティーノ(弱冠15歳?)などのメンバーと組み、もう痛快丸かじりの音楽を聞かせる。そこにはソウル、ファンク、ゴスペル、ブルースなどの黒人音楽の全てがぎっちり凝縮され、強烈なスパイスを効かせて迫ってくるのだな。初めてこのアルバムを聞いた時は余りにもユニークなサウンドがゆえに再生装置に異常をきたしたのではないかとすら思ったほどだ。
 さてではどうやってウイリス・ジャクソンを知るに至ったと言えば、1990年代に民放FM局でジャズの定期番組があり、それもNYのFM局の番組をそのままオンエアーしていたのだが、ジャズチャートの中にいきなり前記「Bar Wars」の「そよ風と私」が流れてきて一気に惹きつけられたわけ。つまり1977年盤のリイシューだったのだ。
スポンサーサイト

テーマ : JAZZ
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

JASON

Author:JASON
はじめまして。JASONと申します。ホラー映画が大好きで放映される作品は大概録画して観ています。時間が許せば劇場にも足を運びますが、ことホラー映画に関して言えば米国で公開された数の十分の一くらいしか我が国で公開されないのが残念です。因みにハンドルネームのJASONは御存じ13金のシリーズから取ったものです。さて小生の他の趣味ですが楽器では習い事レベルですが、クラシックのヴァイオリンとジャズピアノを奏します。またカクテルに興味があり、冬はマンハッタン、夏はマルガリータなどを作って楽しんでいます。更に ホームページギャラリー「チェリーとジャンヌ」を公開中です。黒猫チェリーと白猫ジャンヌが登場するイラストストーリーとギャラリーの二本立てになっています。見て頂いた方々のご感想や意見交換などをホームページつくりに反映していきたくよろしくお願いします。なお、URLはhttp://parnassum.web.fc2.com/です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード