WWE(その4)

WWE(その4)
 日曜日はその他のテーマ。今回はWWE(アメリカンプロレス)の第四回としてレフェリーの話題を取り上げる。一般にレフェリーは審判であり、相撲の行司のように思われているが、ことWWEにおいてはレフェリーはそんな狭い?範疇には収まらないのだ。
 大体レスラーは大技を繰り広げるから身の危険を回避する“素早い行動”が要求される。また一対一の試合なら反則技や凶器攻撃のチェックやカウントなどで済むが、タッグマッチ(2人、3人など)では人数の増加に伴いリングのあちこちで衝突が起きる。レフェリーがひとつの事柄に対処している間に死角では何が行われているか知れたものでは無いのだ。
 更にレスラー自身を臨時レフェリーに登用するという前代未聞?の試合もある。因縁のある敵味方の場合、どうしてもレフェリーの裁量にアンバランスが生じてしまう。また運悪く試合に巻き込まれ“昏倒?してしまう”レフェリーも居る。この場合リングは正に無法地帯と化す。というわけでレフェリーのパーフォーマンスも試合に一役買っているところが実に面白い。
スポンサーサイト

テーマ : プロレス
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

JASON

Author:JASON
はじめまして。JASONと申します。ホラー映画が大好きで放映される作品は大概録画して観ています。時間が許せば劇場にも足を運びますが、ことホラー映画に関して言えば米国で公開された数の十分の一くらいしか我が国で公開されないのが残念です。因みにハンドルネームのJASONは御存じ13金のシリーズから取ったものです。さて小生の他の趣味ですが楽器では習い事レベルですが、クラシックのヴァイオリンとジャズピアノを奏します。またカクテルに興味があり、冬はマンハッタン、夏はマルガリータなどを作って楽しんでいます。更に ホームページギャラリー「チェリーとジャンヌ」を公開中です。黒猫チェリーと白猫ジャンヌが登場するイラストストーリーとギャラリーの二本立てになっています。見て頂いた方々のご感想や意見交換などをホームページつくりに反映していきたくよろしくお願いします。なお、URLはhttp://parnassum.web.fc2.com/です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード