インディジョーンズ・クリスタルスカルの謎

インディジョーンズ・クリスタルスカルの謎(2008年米国映画)
 20年以上経て完成したシリーズ第四作。製作はジョージ・ルーカス、監督がスティーブン・スピルバーグ、そして主演はハリソン・フォードという基本路線はそのままだが、製作協力にキャスリーン・ケネディ、フランク・マーシャルのクレジットがある、ということはあの懐かしきアンブリン・エンターテインメントの面々も昔同様参加しているというわけ。つまり完全にスピルバーグのペースであります。
 お話の舞台は第二次大戦終了後の1950年後半でパワーを秘めたクリスタル・スカル(骸骨)の争奪戦。ロシアの女スパイやらインディの隠し子やらが登場していつもながらの賑やかさは良いのだが、結論が浮いてしまっている。恐らくスピルバーグの意向なんだろうけど、こりゃあ頂けぬ。失敗作AIそのものではないか。
 それにしても今までの3作にあったワクワクした期待感はどこに行ってしまったのだろうか。大体デヴィット・コープの脚本が酷過ぎる。この人は「宇宙戦争」のようなシリアス路線、或いは「ダーク・ナイト」のようなアメコミ路線だと活気づく人なんでありましょうか。往年のファンは落胆する作品であります。
スポンサーサイト

テーマ : 特撮・SF・ファンタジー映画
ジャンル : 映画

コメントの投稿

非公開コメント

No title

この手の映画って、インディ・ジョーンズに限らず、ラストの場面が地下の大洞窟で、何やら怪しげな大昔の呪いだかなんだかが定番のように出てくるではないですか。だから、それを裏切って宇宙人を出したのかな?と。そうすれば新味が出ると思って…。
まあ、何が出てきても新味はないですがね。
どうしてこういう同じような話ばかり作るのだろう? もう飽き飽きしているのですが…。

インディージョーンズ

デイックさん。ハリウッドの悪い癖としてシリーズものをやれば「柳の下のなんとか」で堅いと踏んでいる考え方があります。これは大体大外れなんですね。柳の下が実はその柳の”呪縛”から逃れられないということに早く気付くべきです。
プロフィール

JASON

Author:JASON
はじめまして。JASONと申します。ホラー映画が大好きで放映される作品は大概録画して観ています。時間が許せば劇場にも足を運びますが、ことホラー映画に関して言えば米国で公開された数の十分の一くらいしか我が国で公開されないのが残念です。因みにハンドルネームのJASONは御存じ13金のシリーズから取ったものです。さて小生の他の趣味ですが楽器では習い事レベルですが、クラシックのヴァイオリンとジャズピアノを奏します。またカクテルに興味があり、冬はマンハッタン、夏はマルガリータなどを作って楽しんでいます。更に ホームページギャラリー「チェリーとジャンヌ」を公開中です。黒猫チェリーと白猫ジャンヌが登場するイラストストーリーとギャラリーの二本立てになっています。見て頂いた方々のご感想や意見交換などをホームページつくりに反映していきたくよろしくお願いします。なお、URLはhttp://parnassum.web.fc2.com/です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード