ウオンテッド

ウオンテッド(2008年米国映画)
 しがない生活を送っている主人公が突然謎の美女(アンジェリーナ・ジョリー)?に拉致されて殺し屋に仕込まれる。子供の頃生き別れた父親が暗殺者だったからその血統を見込んでの話らしい。といった出だしから今まで体験したことのない映像が開始する。例えば飛んでいる弾丸にキャメラが着いたらどんな映像になるだろうか?或いは暴走し衝突し横転する車のドアにキャメラが着いていたら?等々・・・これらは3G映像の製作加工が可能になったSFXテクノロジーの賜物なんでありましょう。
 とまあこんな具合で目まぐるしい迫力に満ちた映像を楽しんでいる間は良いのだが、はてさてお話の展開に目が移りだすとこれまた“謎の美女”“殺し屋の組織のボス(モーガン・フリーマンが佳演)”“古き昔からある闇の組織”など陳腐な設定にありきたりの展開が待っているという訳。そこで監督は誰かと言うとこれがですなあ、あの「デイ・ウオッチ」で悪名高いティムール・ベクマンベトフ。し、しまった。初めから分っていりゃあ見ないで済んだものを。米国では大ヒットしたので信用してしまった小生が悪かったというひとコマ。凡作であります。
スポンサーサイト

テーマ : アクション映画
ジャンル : 映画

コメントの投稿

非公開コメント

No title

録画してあるのですが、長男が鼻で笑って「やめたほうがいい」と…。

ウオンテッド

ディックさん。ご子息の云われることが”正しい”ですよ。
プロフィール

JASON

Author:JASON
はじめまして。JASONと申します。ホラー映画が大好きで放映される作品は大概録画して観ています。時間が許せば劇場にも足を運びますが、ことホラー映画に関して言えば米国で公開された数の十分の一くらいしか我が国で公開されないのが残念です。因みにハンドルネームのJASONは御存じ13金のシリーズから取ったものです。さて小生の他の趣味ですが楽器では習い事レベルですが、クラシックのヴァイオリンとジャズピアノを奏します。またカクテルに興味があり、冬はマンハッタン、夏はマルガリータなどを作って楽しんでいます。更に ホームページギャラリー「チェリーとジャンヌ」を公開中です。黒猫チェリーと白猫ジャンヌが登場するイラストストーリーとギャラリーの二本立てになっています。見て頂いた方々のご感想や意見交換などをホームページつくりに反映していきたくよろしくお願いします。なお、URLはhttp://parnassum.web.fc2.com/です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード