季節の音楽(如月 その5)

 如月 その5はビル・エバンスのピアノである。10年くらい昔の今頃(如月)にビル・エバンスのCDがVerbから名盤シリーズといううたい文句で格安盤として出たのを、某レコードチェーン店が更に値引きして売り出したから、一気にゲットした。Verbには「モントルー」「トリオ64」「ライブ」などいずれも名盤が多い。
 彼のピアノというか音楽は単なるジャズという枠を越えている。もともと黒人の音楽であったジャズには「ファンク」とか「ブルージィ」とかいった汗の臭いが必須であったのが、マイルスの提唱した「モード」により旋律の美しさでもジャズが語れるようになったのは周知のことであるが、その旋律をブロックコード(デイブ・ブルーベックが代表者)ではなくて、複雑に展開するコードの群れ即ちメロディとして捕えたのがビル・エバンスである。その味わいは大人のジャズといったら言い過ぎだろうか。
 また、ピアノトリオだが、ベースやドラムスとのインタープレイを前面に打ち出したのも彼が最初ではないだろうか。名手スコット・ラファロやエディ・ゴメスを発掘?した功績も大きい。一口に言ってヨーロッパのジャズというのも可笑しいが、何故かニューポート(ブルーベックが出てましたなあ)よりもモントルー(スイスです)が似合うことは確かである。因みにモントルーは1964年(Verb)と1970年(CTI)のライブがCD化されているという入れ込み様なのだ。エバンスの音色はどちらかと言えば寒色系であるが、大寒を過ぎた今頃の空気の佇まいと不思議とマッチするのであった。


スポンサーサイト

テーマ : JAZZ
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

JASON

Author:JASON
はじめまして。JASONと申します。ホラー映画が大好きで放映される作品は大概録画して観ています。時間が許せば劇場にも足を運びますが、ことホラー映画に関して言えば米国で公開された数の十分の一くらいしか我が国で公開されないのが残念です。因みにハンドルネームのJASONは御存じ13金のシリーズから取ったものです。さて小生の他の趣味ですが楽器では習い事レベルですが、クラシックのヴァイオリンとジャズピアノを奏します。またカクテルに興味があり、冬はマンハッタン、夏はマルガリータなどを作って楽しんでいます。更に ホームページギャラリー「チェリーとジャンヌ」を公開中です。黒猫チェリーと白猫ジャンヌが登場するイラストストーリーとギャラリーの二本立てになっています。見て頂いた方々のご感想や意見交換などをホームページつくりに反映していきたくよろしくお願いします。なお、URLはhttp://parnassum.web.fc2.com/です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード