デイ・アフター・トゥモロー

デイ・アフター・トゥモロー(2004年米国映画)
 監督のローランド・エメリッヒの今のところ一番優れた作品であろう(と勝手に思っている)。近未来の地球に環境汚染で異常気象が勃発し、遂には氷河期に突入しそうになるお話である。そうした気象の異変と並行して、凍りついてしまうニューヨークに我が息子を救いに行く気象学者の父親のアドベンチャー・ドラマが進行する。特に息子が市立図書館に避難して暖を取るために貴重な本を燃やすあたりは実にウマいと思うし、息子及びその仲間達2人の設定はどう見ても「ハリポタ」を意識しているのがミエミエで随所にそのパロディが出てくるのが楽しい。
 更にSFXを駆使した映像はデザーター・ムービーとして出色の出来栄えである。大都会ニューヨークが津波にのまれる、カリフォルニアが巨大な竜巻で破壊される、すべては自然現象なので説得力は極めて高い。エイリアンの宇宙船でもモンスターでも大彗星でもないのだ。だから丁寧に描いていけば自ずともっともらしさが付いてくるのであって、演出のテンポも実に堂にいったものだ。特に宇宙ステーションと地上とそれぞれ視点を変えた異常気象の映像が迫力を生み出している。
 因みにこの作品は大画面で見るのが正解である。変わり果てていく地球の姿がマジに体感できるからである。
スポンサーサイト

テーマ : 特撮・SF・ファンタジー映画
ジャンル : 映画

コメントの投稿

非公開コメント

No title

ぼくは2回見ています。2回目は、なんとなく引き込まれて…(笑)。
細かいところでもよくできた映画だと思います。
WOWOWでやったら、また見てしまうでしょう。
ハイビジョン画質での録画は、わが家では、いまのところ9月の新製品待ち、となっております。

No title

コメントありがとうございます。本当はプロジェクターなんかで100インチくらいで見るのが正しいのかも・・・ってなると映画館になっちまいますね。ハイビジョンはまさにそうした大画面の為に開発されたテクノロジーであってつまりは「近くで見ても」映像がボケないというわけです。しかしハイビジョンの録画装置とはうらやましいですね。
プロフィール

JASON

Author:JASON
はじめまして。JASONと申します。ホラー映画が大好きで放映される作品は大概録画して観ています。時間が許せば劇場にも足を運びますが、ことホラー映画に関して言えば米国で公開された数の十分の一くらいしか我が国で公開されないのが残念です。因みにハンドルネームのJASONは御存じ13金のシリーズから取ったものです。さて小生の他の趣味ですが楽器では習い事レベルですが、クラシックのヴァイオリンとジャズピアノを奏します。またカクテルに興味があり、冬はマンハッタン、夏はマルガリータなどを作って楽しんでいます。更に ホームページギャラリー「チェリーとジャンヌ」を公開中です。黒猫チェリーと白猫ジャンヌが登場するイラストストーリーとギャラリーの二本立てになっています。見て頂いた方々のご感想や意見交換などをホームページつくりに反映していきたくよろしくお願いします。なお、URLはhttp://parnassum.web.fc2.com/です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード