季節の音楽(文月~その1)

季節の音楽(文月 その1~ボサノバ・アルバム)
 夏といえばボサノバである。しかしここで言うボサノバはかなり限定されておる。ジャズ・レーベルのVerbにその元が潜んでいるのだ。実はNHK-FMの軽音楽番組で1981年の夏にボサノバを特集した時があって、その殆どがVerbのアルバムであったのだ。当時は全てがLPであったから、放送されたアルバムを実際には後年少しずつ買い漁っていった。
 中でも最初に買ったのが後述するワルター・ワンダレイの「サマーサンバ」であった。だから今でもシーズン到来とばかりに先ず初めに聞きだすのはこのアルバムでありサマーサンバなのだ。さてそのVerbであるが、既に述べたように敏腕プロデュサーであるクリード・テイラーがABCから移籍して直ちに創り上げたのが南米のサンバとジャズをミックスしたボサノバと言われている。大ヒットアルバム「ゲッツ・ジルベルト」は1964年のグラミー賞を採ったのだからその勢いが知れるというものだ。このアルバムに参加しているのはA・ジルベルト(Vo)、J・ジルベルト(Vo)、AC・ジョビン(Pf)、S・ゲッツ(Tsax)、であって夫々がその後沢山のアルバムを輩出しブームを支えた。
 小生の好んで聴くアルバムは以下の如し。先ず「サマーサンバ」(Org:W・ワンダレイ)。ワンダレイのソウルフルなオルガンが心地良く暑さを忘れさせてくれる。「イパネマの娘」(Pf:AC・ジョビン)。ジョビンの第一作だがC・オーガマン指揮のストリングスをバックにシンプルなピアノの音色が心を和ませてくれる。「ジャズ・サンバ」(Asax:S・ゲッツ、G:C・バード)。名曲デサフィナードなどが軽快なリズムで楽しめる。このサックス、ギター、ベース、ドラムスの形態は大好評を以って支持され、以降「ジャズ・サンバ・アンコール」「ゲッツ・アルメイダ」と続いた。次は「オルフェの唄」(G&Vo:R・ボンファ)。名作オルフェの唄(カーニバルの朝)はこのヴァージョンが最も有名である。ボンファの極めて土着な演奏スタイルが注目を集めた。「ソフトリー・ボサノバ」(G・マクファーランド)。これはやや異色。スキャットでビートルズの名曲をボサノバのアレンジで聞かせる。マクファーランドは名アレンジャーなのだ。
 更にはAC・ジョビンの「潮流」「ウエーヴ」、R・ボンファの「ボンファ・マジック」、など様々なアルバムが犇いている。更にワルターワンダレイは(多分)来日時にキングに吹きこんだアルバムがあり、これはその後再発売もCD化もされてないが、「ウエーブ」や「ブラジル」といった名曲をどちらかというとリラックスした感じで演奏しており、これもまたカセットで録音して愛聴している。
スポンサーサイト

テーマ : JAZZ
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

JASON

Author:JASON
はじめまして。JASONと申します。ホラー映画が大好きで放映される作品は大概録画して観ています。時間が許せば劇場にも足を運びますが、ことホラー映画に関して言えば米国で公開された数の十分の一くらいしか我が国で公開されないのが残念です。因みにハンドルネームのJASONは御存じ13金のシリーズから取ったものです。さて小生の他の趣味ですが楽器では習い事レベルですが、クラシックのヴァイオリンとジャズピアノを奏します。またカクテルに興味があり、冬はマンハッタン、夏はマルガリータなどを作って楽しんでいます。更に ホームページギャラリー「チェリーとジャンヌ」を公開中です。黒猫チェリーと白猫ジャンヌが登場するイラストストーリーとギャラリーの二本立てになっています。見て頂いた方々のご感想や意見交換などをホームページつくりに反映していきたくよろしくお願いします。なお、URLはhttp://parnassum.web.fc2.com/です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード