季節の音楽(皇月 その4)

季節の音楽(皇月 その4)
 (皇月 その4)は「明日に架ける橋:演奏ポール・デスモンド」を取り上げる。このアルバムのプロデューサーはクリード・テイラー。この人は元々ABCレコードでポール・アンカなどのプロデューサーをしていたのをVerbレコードが引き抜いたのだが、早速彼が制作した「イパネマの娘」は大ヒットして1963年のグラミー賞を掻っ攫ったのは衆目の知るところである。
 その彼を1968年A&Mレコードが当時としては破格の契約金である100万ドルで引き抜いたのだが、これまた早速その手腕を発揮して今日に言うところのフュージョンの先駆け作品を続々発表してこれまた大ヒット。W・モンゴメリー、A・C・ジョビン、C・アダレイ、H・マン、G・ベンソン。B・ジェームスなどの大物ミュージシャンを登用したそのサウンドに我々は一気に引き込まれて仕舞ったものだ。ジャズとロックとそしてクラシックの融合みたいな異世界はそのジャケットのシュールなことと相まって人気を博し、彼独自のCTIレコードの設立にまで発展した。
 さて本アルバムはサイモンとガーファンクルのヒット曲集である。ポール・デスモンドの知的でクールなアルトの音色の醸し出す浮遊感というかアンビエントな感覚が素晴らしいが、一方ではピアノにハービー・ハンコックを採用するなどファンキーな一面もあって楽しめる。1970年代の5月頃にFMからエアチェックしたのであった。
スポンサーサイト

テーマ : JAZZ
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

JASON

Author:JASON
はじめまして。JASONと申します。ホラー映画が大好きで放映される作品は大概録画して観ています。時間が許せば劇場にも足を運びますが、ことホラー映画に関して言えば米国で公開された数の十分の一くらいしか我が国で公開されないのが残念です。因みにハンドルネームのJASONは御存じ13金のシリーズから取ったものです。さて小生の他の趣味ですが楽器では習い事レベルですが、クラシックのヴァイオリンとジャズピアノを奏します。またカクテルに興味があり、冬はマンハッタン、夏はマルガリータなどを作って楽しんでいます。更に ホームページギャラリー「チェリーとジャンヌ」を公開中です。黒猫チェリーと白猫ジャンヌが登場するイラストストーリーとギャラリーの二本立てになっています。見て頂いた方々のご感想や意見交換などをホームページつくりに反映していきたくよろしくお願いします。なお、URLはhttp://parnassum.web.fc2.com/です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード