中世・ルネッサンスの音楽

中世・ルネッサンスの音楽
 今回も本を取り上げる。「中世・ルネッサンスの音楽(皆川達夫)」である。初出は1977年。最近講談社学術文庫でリイシューされたもの。当然加筆修正もなされている。バロック音楽が流行り?出したのは1960年代後半だからこの中世・ルネッサンスの音楽も長いスパンでみれば聞かれだしてからそう時間は経っていない。極端な話SP盤ではこの種のジャンルの音楽は余りないのではないか。
 さて本作はバロック音楽以前のある意味「西洋音楽のルーツ」を解明する話である。グレゴリオ聖歌が持つ音楽の不思議な魅力から端を発して古きヨーロッパの音楽史が詳らかにされる。何より著者自身がこの時代の音楽に惹かれる余り、当時(1960年代)は前述のように音源が無かった為、わざわざ私設合唱団?を作ってその再現に努めたというから、その活動たるや半端じゃないのだ。
 そしてその音楽(音源)をその時代に我が国で初めて聞いた人間が少年使節団の帰国演奏に接した織田信長や太閤秀吉であった(かも知れない)という件は本書の白眉であろう。初めは楽譜が頻繁に登場するために馴染み難いかも知れぬ。しかし中世・ルネッサンスの音楽の歴史を語る文章からはその音楽が好きで堪らないという熱情が滲み出ている。
スポンサーサイト

テーマ : エッセイ
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

JASON

Author:JASON
はじめまして。JASONと申します。ホラー映画が大好きで放映される作品は大概録画して観ています。時間が許せば劇場にも足を運びますが、ことホラー映画に関して言えば米国で公開された数の十分の一くらいしか我が国で公開されないのが残念です。因みにハンドルネームのJASONは御存じ13金のシリーズから取ったものです。さて小生の他の趣味ですが楽器では習い事レベルですが、クラシックのヴァイオリンとジャズピアノを奏します。またカクテルに興味があり、冬はマンハッタン、夏はマルガリータなどを作って楽しんでいます。更に ホームページギャラリー「チェリーとジャンヌ」を公開中です。黒猫チェリーと白猫ジャンヌが登場するイラストストーリーとギャラリーの二本立てになっています。見て頂いた方々のご感想や意見交換などをホームページつくりに反映していきたくよろしくお願いします。なお、URLはhttp://parnassum.web.fc2.com/です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード