イン(イギリスの宿屋のはなし)

イン(イギリスの宿屋のはなし)
 今回は本を採り上げる。題名は「イン」。著者は臼田昭という人。初出は1986年だが最近講談社学術文庫でリイシューされたばかりである。英国の宿屋の歴史というと当然ながら時代はかなり昔であって、その頃の英国風俗にも立ち入る必要がある。もっと言えばその時代に生きた人々の「日常生活の草々」を語らねばならぬ。これは想像を絶する作業だと思うのだが、著者はその頃の手紙や書類、公文書、果ては文学作品などを参考にしてその歴史を詳らかにしている。
 内容は非常に面白い。外国の庶民の日常生活、それも遥か昔のことだからと思ったけれども、実際違和感は殆ど無い。というかそこには老若男女が居て、生と死があり、商売があって、そして酒がある。違いは交通手段が馬車であることくらいなのだ。要は人間模様は変わらないということを宿屋という場所を借りて述べているわけなのだ。そして人々はいつの時代でも集うことを生活の中心に置いており、英国のこの時代では宿屋がその役割を果たしていた。
 また英国人がとりわけそうなのかは分からないが、費用など金銭のメモが非常に細かく記録として残っている。これもその時代を検証するのには至便であろう。とにかく楽しめる本であることは間違いない。
スポンサーサイト

テーマ : 読書感想文
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

JASON

Author:JASON
はじめまして。JASONと申します。ホラー映画が大好きで放映される作品は大概録画して観ています。時間が許せば劇場にも足を運びますが、ことホラー映画に関して言えば米国で公開された数の十分の一くらいしか我が国で公開されないのが残念です。因みにハンドルネームのJASONは御存じ13金のシリーズから取ったものです。さて小生の他の趣味ですが楽器では習い事レベルですが、クラシックのヴァイオリンとジャズピアノを奏します。またカクテルに興味があり、冬はマンハッタン、夏はマルガリータなどを作って楽しんでいます。更に ホームページギャラリー「チェリーとジャンヌ」を公開中です。黒猫チェリーと白猫ジャンヌが登場するイラストストーリーとギャラリーの二本立てになっています。見て頂いた方々のご感想や意見交換などをホームページつくりに反映していきたくよろしくお願いします。なお、URLはhttp://parnassum.web.fc2.com/です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード