季節の音楽 文月

459[1]
季節の音楽 文月
 季節の音楽 文月はフランクチャックスフィールズのアルバム「引き潮」を取り上げる。その昔NHK-FMで軽音楽もの(死語かも)を毎日定期的に放送していた番組があった。多くは夕方4時であったのだが、ある時期は夜7時のニュースの後に放送していたので、丁度仕事から早めに帰れた時には誠に好都合であった。
 1981年7月20日に放送された番組ではサマーシーズン開始(夏休み開始)とばかりにフランクチャックスフィールズの名盤「引き潮」をほぼ全曲オンエアしたのだから即刻カセットに録音。その内容の素晴らしさで直ちに愛聴テープになった。こうした音楽ジャンル(ムードミュージック、イージーリスニングなど)ではよくあるように、我が国ではオリジナルアルバム通りのリリースは殆ど無い。ご他聞に漏れずこの「引き潮」は「ビヨンド・ザ・シー」と「ハワイ」の二つのアルバムから日本独自の編集を行ったものである。
 さて第一曲目にあたる名曲「引き潮」は「ビヨンド・ザ・シー」からだが、出だしに波の音を延々使用して気分を盛り上げたところが当時は極めて斬新なアイディアであって評判を呼んだものである。波の音からストリングスの華麗な流れに変わり、一転して悲哀を帯びたオーボエの独奏に代わるという正に千変万化なアレンジはチャックスフィールドの独壇場である。そこにはヨーロッパの伝統、即ちクラシック音楽の格調の高さが隙のない音楽を創り出して止まぬ。一方「ハワイ」からの数曲はかなり思い切ったアレンジを施している。「小さなワラブキ小屋」「バリバリの浜辺」では民族楽器もかなり取り入れてシンプルな楽曲作りをしいているし、名曲「ブルーハワイ」では当時としてはかなり斬新であるところのエレキギターをメロディの主役に置いている。
 実はこのカセットのラベルはその頃のFM週刊誌の付録を使用したものだが、南の島の海岸の小屋、椰子の木、そして青い海と青い空を写した映像はビジュアルとしてこの「引き潮」と切っても切れない印象を作り出して仕舞った。
スポンサーサイト
プロフィール

JASON

Author:JASON
はじめまして。JASONと申します。ホラー映画が大好きで放映される作品は大概録画して観ています。時間が許せば劇場にも足を運びますが、ことホラー映画に関して言えば米国で公開された数の十分の一くらいしか我が国で公開されないのが残念です。因みにハンドルネームのJASONは御存じ13金のシリーズから取ったものです。さて小生の他の趣味ですが楽器では習い事レベルですが、クラシックのヴァイオリンとジャズピアノを奏します。またカクテルに興味があり、冬はマンハッタン、夏はマルガリータなどを作って楽しんでいます。更に ホームページギャラリー「チェリーとジャンヌ」を公開中です。黒猫チェリーと白猫ジャンヌが登場するイラストストーリーとギャラリーの二本立てになっています。見て頂いた方々のご感想や意見交換などをホームページつくりに反映していきたくよろしくお願いします。なお、URLはhttp://parnassum.web.fc2.com/です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード